得損のさんまの内臓&カップ入りプリンを簡単にきれいにとる得ワザ!

さんま

2015年12月28日に放送された  『あのニュースで得する人損する人 家事えもん傑作選!来年もよろしくお願いしますSP』の中から。

9月17日と11月17日放送の傑作選。

坂上忍の『得ワザ?損ワザ?』!
坂上忍が実際にやってみて、本当に得する技・得ワザか?
大して得しない技・損ワザか?を見極めてもらうコーナーです。

さんまの内臓をキレイに取る得ワザ!&カップ入りプリンを簡単にきれいにとれる得ワザ!

さんまの内臓をキレイに取る得ワザ!


【さんまの内臓は、切り込みを2か所入れて引っ張るだけでキレイに取れる】

脂がのってとっても美味しいさんま。
でも面倒なのが内臓の処理。

さんまの内臓をとるのは面倒な上に、包丁やまな板も汚れてしまい苦手な人も多いはず!

そんな面倒なさんまの内臓だけがキレイに取れる方法をご紹介!

内臓が苦手な人も、好きな人も、必見のテクニック!

【手順】
1.頭の付け根に上から切り込みを入れ骨まで切る
※包丁を貫通させないで下さい

さんま

2.さんまのお腹にある穴の手前に1cmほど切り込みを入れる

さんまの内臓とり

3.片手で尻尾を持ちもう片方の手で頭を引っ張ると内臓がキレイに出る

ひっぱるだけで驚くほど内臓がきれいにとれます。

さんまの内臓とり

さんまの内臓とり

【解説】
ではなぜ切り込みを2か所入れて引っ張るだけで内臓をキレイに取ることができたのか?

女子栄養大学 助教
浅尾貴子先生によると…

浅尾「さんまの頭には、骨と内臓がくっついています。

頭の付け根の骨を切ることで、頭には内臓しかつながっていない状態になります。

そして、お腹にある肛門の手前で身と内臓を切り離すことで、頭を引っ張れば簡単に内臓が取れます。」

実はこのテクニック、イワシにも応用できます。
※強くひき過ぎないのがコツです。

【坂上ジャッジ】
大得ワザ!

スポンサードリンク



カップ入りプリンを簡単にきれいにとれる得ワザ!


【カップ入りプリンは、持ったまま1回転するとキレイにとれる!】

カップに入ったプリンは、逆さまにしてもなかなか出てこず、
キレイに崩さずにお皿にあけるのは案外難しい。

しかしこの得ワザを使えば、キレイに、しかも気持ちよくお皿にあけることができる!

しかも、大勢でやると盛り上がること間違いなしの超キモチイイ得ワザ!

【手順】
1.プリンを器に裏返しにする。

2.プリンと器をしっかり押さえる。

プリン

3.プリンを持ったまますごい勢いよく回転する。

そうすればカップからお皿に落ちる!

プリン

脇を締めて初速が大切!勢いよく回転する!

【解説】
なぜ回転するとプリンがきれいにとれたのか?

学研化学創造研究所所長
湯元博文先生
によると…

湯元「遠心力っていう力が働くんです。外へいこう!外へいこう!という力が働き、その時中のプリンが歪みます。ゆがむと隙間ができ中に空気が入ってストンと落ちる。」

【坂上ジャッジ】
得ワザ!

感想

さんまの内臓をキレイに取る得ワザ、本当に簡単で役立つワザですね。

スポンサードリンク

コメントを残す

Print This Post Print This Post
サブコンテンツ

このページの先頭へ