【林修の今でしょ!講座】入浴最新検定!半身浴はダイエット効果なし

健康法 入浴

2016年12月6日放送の「林修の今でしょ!講座」は
名医が作った「冬の入浴」最新検定2016

毎日入るお風呂だからこそ、
正しい入浴法を身につけましょう!

スポンサードリンク

前田眞治

解説してくださるのは
入浴医療の第一人者
国際医療福祉大学教授の
前田眞治先生。




「冬の入浴」最新検定2016

名医が最新研究でわかった
本当に体にいい入浴法を特別公開!

命の危険編

【第1問「入浴中の死亡事故で今急増しているのは溺死である」】



正解は○。

家庭の浴槽での溺死者数は、
ここ10年間で約1.7倍に急増しています。

リラックスするのはいいのですが、
うたたねではなくて
失神状態になっていることがあるとのこと。

寒い脱衣所で服を脱ぐとき、
血管が収縮し血圧が急上昇。

そして入浴で温まることで血管が広がり
血圧が下がります。
この急激な変化が危険で、
急激な血圧低下で脳に血圧が届きにくくなり
失神してしまうといいます。

失神を防ぐ方法
①入浴中も冷たい水を桶に用意して手をつける。
血液が下がるのを少し抑える

②眠くなったら一度湯船から出る。

【第2問「熱い風呂とぬるい風呂
心筋梗塞のリスクがあるのは熱い風呂である」】

正解は○。

熱い風呂に入ると
体が刺激され、防御反応をとるため、
血液が固まりやすくなり
心筋梗塞のリスクが上がるとのこと。

42℃以上の風呂に10分間入浴しただけで
危険。
それは大人でも子供でも同じ。


【第3問「風呂での死亡事故は寒い北海道が一番多い」】



正解は×。

寒い北海道は脱衣所とお風呂の温度差が大きそうで、
事故が多そうに思えます。
しかし最新の調査結果では、
全国で2番目に少ないことが明らかに。

海道は家全体を暖めているため、
脱衣所やお風呂の温度差がほとんどないとのこと。

入浴事故が多い地方は、
脱衣時などに暖房器具を置いていない。

死亡事故の多くは寒暖差。
脱衣所に暖房器具を置いたり、
浴室をシャワーなどで温めておく
事が重要。

もし暖房が用意できなかったら
浴室で下着を脱ぐのも効果的。



肌荒れ・ダイエット最新入浴法問題



【第4問「半身浴はダイエット効果がある」】



正解は×。

半身浴にダイエット効果はない。
半身浴は全身浴に比べても
消費カロリーがとても少ない。

過去の実験では
全身浴では2.8kcalを消費するのに対し、
半身浴はわずか1.6kcalの消費にとどまったのです。

半身浴はむくみを取ったり心臓に負担がかかない
メリットはあるが、
汗をかくだけでダイエットには向かない。

さらに、入浴時はお湯の熱があるため体が
エネルギーを消費することがない。

お風呂でカロリーを消費しているのは、
浴槽をまたぐ時だけ。


【第5問「食べてすぐ風呂に入ると消化に良い」】



正解は×。

食事をすると栄養を吸収するために
血液が胃腸に集まるが、
入浴することで血液が胃腸から
皮膚の表面に分散してしまうため、
消化不良や肌荒れの原因に。

食後だけなく、食前にお風呂に入ることもよくない。
食前は血糖値が低いため、
入浴すると意識障害を引き起こす恐れがある。
お風呂は食事の前後30分以上あけて入るとよい。


【第6問「入浴の前に緑茶を飲むとダイエットに良い」】



正解は○。

お茶に含まれるカテキンには
脂肪吸収を抑える働きがあるが、
入浴の前に摂ると吸収効果が7倍になるのです。

ダイエットには入浴前に
コップ1~2杯の緑茶がオススメ。



スポンサードリンク



【第7問「一番風呂は肌に良い」】



正解は×。

一番風呂は肌荒れの原因となります。
ポイントは、水道水に含まれる塩素。

人間の肌は弱酸性ですが、水道水は中性。
まっさらな水は人間の肌に合わない。

2人目以降の入浴は1人めの皮脂などが湯に溶け込み、
人間の弱酸性に近づいて刺激が弱まる。

また入浴剤などを湯に溶け込ませると、
人肌への刺激が弱まる。

2日目のお湯は刺激が減るが、
一晩経つと雑菌が約1000倍に増えるため、要注意。

肌への刺激をおさえたい時は
入浴剤やゆず・みかんなどを入れて
肌への刺激が弱めるとよい。



最新入浴法問題



【第8問「30分以上の長風呂は疲労回復効果がアップする」】



正解は×。

長風呂は疲れをためる原因になる。
40℃の風呂に10分入ると、500mlの汗をかく。
30分以上の入浴は、激しい運動に匹敵するほどの
体力を消耗するとのこと。

さらに長風呂は乾燥肌の原因にもなります。
肌に含まれる保湿成分のセラミドが、
長風呂で体の外に溶け出し肌荒れの原因に。

冬の入浴は、41℃で10分がベスト。

これが体力も消耗せず
お肌も荒れないライン。


【第9問「お湯の後にぬるい水をかけると疲れがとれやすい」】



正解は○。

お湯の温度差の刺激には様々なメリットがあります。

温かいお湯は血管を広げ、
ぬるい水は血管が縮む。
これを交互に繰り返すと、
血流がよくなるという。

また血管の弾力性が生まれ
血流がさらによくなります。

血管に負担をかけないため、
冷水ではなく30℃程度のぬるめの水が良い。

かぜ予防にもつながるおすすめの疲労回復入浴法。
41℃のお湯に3分入り、
その後、30℃のぬるま湯を10秒手足にかける。
これを3セットやるのがベスト。



【第10問「激しい運動のあとすぐ入浴すると疲労回復が早まる」】



正解は×。

激しい運動直後、細胞は傷つき
高熱になっているため、
修復のためには冷やす必要があります。

運動直後に入浴すると
体温を下げることができず、
細胞が修復されないため
疲労が蓄積してしまう。

さらに筋肉の炎症も
広げることにもつながります。

激しい運動後は、
約1時間後に入浴すると良い。

汗をかいている時などは
体温より低めのお湯で体を冷やすと、
炎症も抑えられ疲労回復も早まります。



【第11問「寝る前熱い風呂に入るとよく眠れる」】


正解は×。

交感神経が刺激され、よく眠れるどころか体が頑張るモードに。

ぐっすり寝たい時の入浴法
40℃くらいのお風呂に
寝る1時間前に入るとよいです



【第12問「熱い風呂で運動時の持久力アップが期待できる」】



正解は○。

熱い風呂で持久力が上がる。

カギとなるのはヒートショックプロテイン。

人間は免疫などに代表されるように
外部からの異常を感じる
と体を修復するような働きが生まれます

ヒートショックプロテインもその1つ

お湯の熱による刺激で細胞を修復する力を持つ
この物質が増えるというのです

ヒートショックプロテイン研究の
第一人者伊藤要子教授に伺うと

「ヒートショックプロテインを高める
入浴を実施してもらって
2012年ロンドンオリンピックでは
女子マラソン男子マラソンなど
持久力を必要とするアスリートのコンディショニングに
大いに効果が得られました。」

ここで気をつけなければいけないのが
入浴のタイミング

この物質の増加がピークになるのが
入浴の2日後なのです。

試合の二日前の入浴で体温をあげると
ヒートショックプロテインが増す。

【林修がどうしても聞きたいお風呂に関する質問
二日酔いは入浴すると消える?】



正解は×。

かえって逆効果に。

アルコールが汗と一緒に出る事はない。
入浴中は体温が上がって体の水分が減るだけなので
体のアルコール濃度は上がる一方。

また、露天風呂に入りながらのお酒もよくない。
露天風呂だと首から上が涼しいため長風呂になり、
水分がより減少するだけでなく、
アルコールによって水分を奪われ脱水になってしまう。

先生おすすめの入浴法

朝は熱いお湯で数分間シャワーを浴びる。

夜は寝る1時間ぐらい前に
体温を1度ぐらい上げるという事で
41度ぐらいのお湯に10分ぐらい入り
1時間後ぐらいに寝る。



感想

半身浴はダイエット効果なしなんですね。
でも体に悪いわけじゃないですからね。

あと1番風呂より2番風呂のほうがいいというのも
ちょっとびっくりでした。

スポンサードリンク

コメントを残す

Print This Post Print This Post
サブコンテンツ

このページの先頭へ