【その原因、Xにあり】痔の原因はいきみ過ぎ!考える人のポースで解消

考える人、便秘、痔

2016年12月9日放送の「その原因、Xにあり! 」は
“人に言えない3大お悩み”改善スペシャル!“
口臭”“痔”“尿もれ”を徹底解明!  

その中の痔の解消方法、予防方法を紹介!

スポンサードリンク

痔の原因はいきみ過ぎ!

人に言えない身体の
3大お悩みの一つである痔。

日本人の4人に3人が痔を経験。

痔は主に2種類。

・1つ目は痔核、いわゆるイボ痔。
全体の50%以上を占めています。

肛門付近は便やガスが漏れないよう
クッション構造になっており、
網目のように毛細血管が密集しています。

しかし排便時にいきむと
そのクッション部分に血流が集中。
うっ血して腫れ上がったものがイボ痔。

・2つ目は裂肛。
通称切れ痔。

便秘や下痢で肛門の皮膚が切れてしまったもの。
女性に多いのが特徴。

いぼ痔と切れ痔が全体を占める割合は約7割で、
しかも共通の原因が。

岩垂純一診療所の岩垂純一先生は
「痔の原因はいきみ過ぎにある!」
といいます。

いきむことで、横隔膜や腹筋の生み出す圧力が
直腸に加わり、便を押し出します。

いきむことで、腸や肛門には
かなりの圧力がかかります。

いきみ過ぎるとこの圧力が
繰り返し肛門に加わり、
痔を生み出すのです。


スポンサードリンク



トイレのいきみ過ぎチェック

【とりあえず行っとこうトイレ】
朝、家を出る前など、「とりあえず」と
便意がなくても決まった時間に行く。

【全部出しきろうトイレ】
トイレに行ったら、
とにかく全部便を出し切ろうとする。

【スマホしながらトイレ】
スマホや新聞・本を見ながら、
長時間トイレにいる。

1つでもあてはまれば
いきみ過ぎの恐れがあります。

便意を感じてからトイレに行けば、
1回のいきみで7~8割は排便できます。

日本人の平均トイレ時間は5分41秒ですが、
3分以内が理想。



理想の排便ポーズ

今年2月、理想の排便ポーズが海外で発表され、
話題になりました。

発表したのは大腸肛門病センター
高野病院の高野正太医師のチーム。

その理想の排便ポーズとは、
考える人のポーズ。

なぜ考える人のポーズで
スムーズに排便できるようになるのか?

ポイントは前傾姿勢。

真っ直ぐな姿勢だと直腸は恥骨直腸筋に引っ張られ
くの字に曲がり、便が出にくい状態に。
その結果いきみ過ぎに。

それが前えかがみになると恥骨直腸筋が緩み、
直腸の角度が緩やかに。
するといきみ過ぎず便がスムーズに!

【理想の排便ポーズ「考える人」】 
・上半身は前傾させ、肘と膝をつける

・足は軽く開き床につける

・腹筋にだけ力を入れる

食物繊維を取って「いい便」をつくることも大切。



まとめ

この日の「その原因、Xにあり」の記事↓
【その原因、Xにあり】尿漏れの原因はペタンコ足!ティッシュで改善

【その原因、Xにあり】口臭の原因は臭い玉!予防にカチカチ・ベロベロ体操

スポンサードリンク

コメントを残す

Print This Post Print This Post
サブコンテンツ

このページの先頭へ