【マツコ会議】美男美女のハーフ会に潜入!代表のアシフの野望

髪の毛の長い女性

2016年12月10日放送の「マツコ会議」では
「会員数2000人…美男美女の若者ばかり!
謎の“ハーフ会”に潜入」。

ハーフ会代表の野望にも迫ります。

スポンサードリンク

謎の“ハーフ会”

曙橋にある貸し切りパーティハウスへディレクター田中さんが潜入。
ここで巨大な「ハーフ会」が行われているとのこと。

今回の舞台は都内で月に一度開催される「ハーフ会」。
4年前にできて以来SNSを中心にメンバーが増え続け
今や会員は2000人以上。

そこにはマツコの想像を超える超個性的な若者たちがいた。

さっそく田中さんが中に入ると、
「イェーイ。楽しい!楽しい!」と連呼し、
かなりの盛り上がり。

パーティーの参加者は90人と大所帯。

参加者のハーフの女の子に話を聞くと
母がカナダで父が日本人だと話し、
現在17歳だといいいます。

マツコさんが「かわいいわねぇ。彼氏はいるの?」
と聞くと彼氏もハーフ会に来ているとのこと。
その子が彼氏を紹介するとマツコさんは
「え~!」と不満そう。

彼氏はフィリピンと日本のハーフだといいます。

マツコさん「フィリピンさがない。
葛飾と足立のハーフじゃないの?」

(笑い)

2人はハーフ会で知り合ったとのこと。
彼氏はハーフ会の経緯について、
LINEでアシフさんがグループを作って
ハーフが集まっているなどと話します。

彼氏は日本に来て3年だとのこと。

マツコさんは(流ちょうな日本語にびっくりして)
「ぜんぜんわかんないわ。
日本で育っていってもわからない。」

さらに「見慣れてくるとかわいくなってくる。
韓流のかわいいキャラ。」

そして、彼女のほうがマツコさんに相談があるといい、
まだ付き合っていることを親に言ってないと
話したのでした。

マツコさんは「テレビに映っちゃったんだから
挨拶に行きなよ」と彼氏に行ったのでした。

ハーフ会代表の野望

ハーフ会代表に話を聞くことに。

マツ子さん「インドとかパキスタンとかはいってるよね。」

ハーフ会代表「よくわかりましたね。」

マツコさん「最近の流行り顔よ。かっこよくきれいになる系。」

ハーフ会代表「僕、ハーフ会やってるんですけど
ハーフじゃないんですよ。パキスタン人。」

マツコさん「じゃあ何でハーフ会やってんだ!お前が。
きっかけははなんだったの?」

スポンサードリンク

ハーフ会代表「きっかけは中学3年生のときに
SNSのmixiで知り合った
ハーフの友達と会って、
そこから輪が広がっていった。」

マツコさん「じゃあ今日来ている中にも
ハーフじゃない人もいるんだ。」

ハーフ会代表「いますよ。
特にルールは決めていなくて
日本語が話せればいい。
出来る限りイケメンか可愛い子しか入れない。」

マツコさん「余計なお世話かもしれないけど、
ハーフといっておいた方が騙される女、多いと思う。」

ハーフ会代表「女の子を口説くときは
だいたいハーフといいますね。

アシフっていうんですけど、
自分をアシマールって呼んでるんですよ。
ブラジルのネイマールが好きなんで。」

マツコさん「いまいくつ?」

ハーフ会代表「二十歳です。」

マツコさん「え~マジ?」

(二十歳にはみえなかったです。)

ハーフ会代表「ハーフ会やっているのには理由があって
通訳の会社を作ろうと思っているんですよ。」

マツコさん「なるほど。人集めをしているんだ。」

ハーフ会代表「ぶっちゃけいえばそうですね。」

マツコさん「なんで4年後なの?オリンピックに合わせて?」

ハーフ会代表「そうですね。」

マツコさんは周りにいる人に
「けっこうこいつ恐ろしいやつだと思うよ」
と忠告したのでした。



ディレクターの田中さんに彼女が?

そしてディレクターの田中さんが今度は2階へ。

マツコ「田中さん。その性格を変えるためにもさ
ちょっとハーフの彼女でも作ったら。」

マツコ「田中のこといいなと思う人いる?」

するとアン・ルイスさんみたいな感じの
お姉さんが手をあげます。

マツコ「なかなかいいじゃん!
これは鍛えられるよ。」

「彼女です!」と積極的な感じ。

ブラジルと日本のハーフとのこと。

ディレクター田中「この後ちゃんと話せたらなと思います。」

彼女「ちょっとあとでスケジュール確認します。」

ディレクター田中さん「o.k!」

(このあとどうなったんでしょうか?)

スポンサードリンク

コメントを残す

Print This Post Print This Post
サブコンテンツ

このページの先頭へ