【林修の今でしょ!講座】武田双雲の美文字を書く5つの法則!

書道、習字

2016年12月13日放送の「林修の今でしょ!講座」の中の
「カッコいい美文字の書き方講座」

年賀状に役立つ!書道家・武田双雲が初公開!

誰でも上手な字が書ける美文字5つの法則!

スポンサードリンク

武田双雲先生

大河ドラマ「天地人」の題字も手掛けた、
書道家の武田双雲先生が、
誰でも上手な字が書ける美文字5つの法則を紹介。




すぐに字がプロっぽくなる法則!漢字編

美文字を書く上で大事なのは基本バランス。

「東京都港区 武田双雲様」の縦書きを課題文に、
出演者の基本バランスをチェックしました。

誰でも上手な字が書ける法則の一つ目。

武田双雲先生によると、
TRFのダンスと美文字に関係性があるという。

ポイントは決めポーズ。
書道家は、漢字で決めポーズを作っているという。

法則の一つ目
様や港などがうまくなる!
「決め三角の法則」 

へんとつくりで左右に分かれて
構成される漢字に応用すると、
字をかっこ良く見せることができる。

♪————————-♪
決め三角の法則
三角形を意識し、
へん(左)を小さく
つくり(右)を大きく書く
♪————————-♪



誰でも上手な字が書ける法則の二つ目。
武田双雲先生によると、
モデルと美文字には関係性があるという。
ポイントはモデル体型。

法則の二つ目
東や京などがうまくなる!
「モデル体型の法則」 

上下のパーツに分かれる漢字に応用可能。

腰の位置を高く、上下バランスを2:3にし
クビレを作る、

スポンサードリンク

♪————————-♪
モデル体型の法則
上下パーツの比率をを2:3で
中心部分にクビレを作る、

♪————————-♪


文章を書くときの全体のバランス。
法則の三つ目

区や田がうまくなる!
 「メリハリの法則」

文章全体のバランスに関する法則で、
四角い形の漢字を小さく書くと、
文章全体が美しくなる。

♪————————-♪
メリハリの法則
四角い形の感じは小さめに書く

♪————————-♪




すぐに文字がプロっぽくなる法則!筆ペン編

筆ペンでかっこいい字が書ける法則。
一つ目は「おしゃれ線を入れる」 

「し」は特に使いやすい。
平安かなの中で「し」は個性を表現する字で、
おしゃれ線として効果的に使うことができる。

例えば星野真里の「真」の下の横棒や
「林」の一角目の横棒など。

♪————————-♪
おしゃれ線
おしゃれ線の使いすぎは逆効果
1つの文章に1~2か所が目安。

アピールしたい字に
使いましょう。
♪————————-♪

二つ目は「かすれでプロっぽく」

筆で書いた時に生じるかすれ。
ある簡単なテクニックを知っていれば
誰でも自由自在にかすれを生み出せるのです。

筆ペンを傾けてかすれを生み出す

傾けると墨の供給が減るため、
かすれた文字を書けるのです。

♪————————-♪
かすれでプロっぽく
筆ペンを傾けてかすれを生み出す

♪————————-♪

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ