【サタデープラス】肥満&老化を防ぐ花豆のレシピ!お取り寄せ

大豆、食材、食品

2016年12月17日放送の「サタデープラス」の
「年末年始に絶対とりたい2大健康食材」

肥満&老化を防ぐという花豆の栄養や
レシピを紹介!

スポンサードリンク

ドクターおすすめの花豆

日本の3分の1の医師が登録している
MedPeerからドクター500人が勧めた年末年始の
ぜひ取りたい全国2大健康食材。

その1つが肥満&老化を防ぐという花豆。

ドクターのおすすめポイント
・カルシウム、ビタミンB1、食物繊維が多い

・ほうれん草の3倍の鉄分を含む

・お菓子にすれば豊富に栄養分を補給できる

・現代人に不足している栄養素を合理的にとれる

・腸内細菌にも有用な食材

・成分が理想に近い



花豆とは?

長野県は、全国一の長寿県ですが、
中でも佐久地方の中心、佐久市は、
さらに男女ともに0.8歳も寿命が長い、
まさに長寿の里なんです。

花豆は佐久地方の中でも主に
標高が高い寒冷地で栽培されています。

正式名称は「ベニバナインゲン」といい
直径3㎝ほどの驚くべき大きさ。

紫色の模様が特徴です。

夏にはきれいな花が咲き、
この花が大きなさやになり、
秋に収穫、乾燥します。

出荷が始まるのは12月ごろ。
まさに今が旬。

新豆の季節なのです。

注目すべきは、花豆に含まれる栄養素。



花豆の栄養素

花豆に含まれるビタミンB1、B2は、
体に入った糖質や脂質がエネルギーに変わるのを
助ける効果が期待できます。
なのでダイエットにも役に立ちます。

さらに、大豆と栄養素を比べると、
カロリーは大豆より低く、脂質はわずか8分の1、
カルシウムは3倍以上もあるので
骨粗しょう症の予防も期待できます。

また、紫のまだら模様はアントシアニンという
ポリフェノールの一種。

抗酸化作用があり、
お肌などの老化予防にも役立ちます。

鉄分が不足しがちだと、
頭痛やめまいの原因になりますが、
花豆にはこの鉄分が、ほうれん草の3倍
近くも入っています。



花豆のお取り寄せ

花豆↓

花豆の柔らか煮↓

スポンサードリンク

花豆の甘煮です↓



長野県佐久地方の花豆料理

【花豆の甘煮のレシピ】

長野県佐久地方の定番花豆料理

『材料』
花豆→300g
砂糖→150g
塩→少々

『作り方』
1.水で洗った紫花豆を、
豆がよくふくれるまで1晩(6~12時間)水につける

。鍋に花豆とお湯を入れ中火にかけて
沸騰させたら、アクが出るので煮汁を捨てる

3.お湯を足しながら、柔らかくなるまで煮る

4.豆が浸るくらいのお湯を入れ、
砂糖、塩を入れ沸騰させたら、
弱火にして甘みがついたら完成。

※砂糖はお好みの甘さで調整して下さい。


【花豆のおこわのレシピ】

『材料』
花豆の甘煮→便宜
黒米→適量
もち米→一升
酒→100cc
塩→小さじ2と1/2
砂糖→大さじ5
水→2と1/2

『作り方』
1.黒米ともち米を3時間水にひたす

2.黒豆ともち米を蒸し器に入れ、
15分蒸らす

3.酒と塩と砂糖と水を合わせ、
②と混ぜ合わす

4.蒸し器で15~20分蒸し、
花豆の甘煮を飾り付ければ完成


【花豆のミネストローネのレシピ】

『材料』
花豆→便宜
市販のミネストローネの元右適量

『作り方』
1.水で洗った紫花豆を、
豆がよくふくれるまで
1晩(6~12時間)水につける

2.鍋に花豆とお湯を入れ中火にかけて沸騰させたら、
アクが出るので煮汁を捨てる

3.お湯を足しながら、柔らかくなるまで煮る

4.玉ねぎと白菜をオリーブオイルで炒める

5.炒めた玉ねぎと白菜の中に
市販のミネストローネの元を入れ、
柔らかく煮えた花豆を加えます

6.食べる直前に長いもを入れて完成

※注意事項
インゲン類を調理する場合、
水に数時間浸して芯を残さないことが重要です!
まれに食中毒の原因にもなるため、
しっかり熱を通し、煮た時に出るアクを
よく取るようにします

また食物繊維が豊富なため、
おなかがゆるくなることもあるため、
食べすぎには注意。



まとめ

もう1つの年末年始に健康食材↓
【サタデープラス】血糖値を上げない菊芋のレシピ!

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ