【プロから学ぶ生活術】寺田真二郎の餃子のレシピ!もっちリジュージーのコツ

餃子

2016年12月18日放送の「プロから学ぶ生活術 ダメ出し!
アドバイザー」で

料理家の寺田真二郎さんが東尾理子さんの
餃子の作り方にダメ出し!

もっちりジューシー餃子の作り方を
伝授してくれました。

スポンサードリンク

もっちリジュージー餃子の作り方

『材料』

ネギ(白い部分)?

玉ねぎ

ニラ

豚ひき肉

餃子の皮

(調味料)
醤油

オイスターソース

鶏ガラスープ(粉末)

生姜

砂糖

コショウ

ごま油

『作り方』

1.野菜を細かく刻む

2.ボウルにひき肉と塩だけを加えてこねる
粘り気を出すことによってジューシーに
なり肉汁がでるのを防ぐ

※理子さんは野菜も全部入れて
混ぜていましたが、それはNG

3.さらに細かく砕いた氷を加える
食べた時にジュワッとした餃子になる

氷は袋に入れてスプーンでたたくとよい。

量はお肉150gに対して氷5個くらい。

4.(調味料)の材料を③に加えて混ぜる。
(氷もだんだんとけてくる)

スポンサードリンク

5.最後に刻んだ野菜を入れて軽く混ぜる。

※野菜を最初に入れると余分な水分がでて
ベチャッとなる。

※混ぜすぎるとシャキシャキ食感が
なくなるので混ぜすぎない

6.⑤を餃子の皮で包めばタネの完成。

7.フライパンを熱し餃子を並べ、
沸騰させたお湯を1/3の高さぐらいまで入れて
ふたをする。

※理子さんはお水を入れていました

水を入れると餃子の皮が溶けて焼いたときに
べちょべちょに。

熱湯を入れると
餃子の皮に火がすぐ通るので
くっつかず焦げにくい。

8.火が通ったら蓋を外して水分を飛ばしす。

9.水分がなくなってきたら
ごま油を足して熱してカリッと仕上げる。

10.できたらフライパンを
濡れ布巾に乗せて冷やすと
すんなりと餃子がとれます。

11.盛り付ければできあがり!



餃子をおいしくつくるポイント

・野菜は最後に混ぜる

・混ぜるときに氷を入れる

・焼くときにお湯を入れる



まとめ

この日のもう1つのダメ出しレシピ↓
【プロから学ぶ生活術】寺田真二郎のから揚げのレシピ!冷めてもジュージーのコツ

先回のダメ出しレシピ↓
【プロから学ぶ生活術】寺田真二郎の極うまハンバーグのレシピ・作り方!

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ