【その原因、Xにあり】ノドづまりの原因、落ちベロの改善法にあいうべ体操

口・歯・口臭

2016年12月16日放送の「その原因、Xにあり!」は
「年末年始のお悩み解決SP」

その中のノドづまりの原因、
落ちベロの改善法を紹介!

スポンサードリンク

ノドづまりの原因は落ちベロ

むせる、飲み込みにくいなどの症状が出る
「ノドづまり」

特に年始には、お餅をノドにつまらせて救急搬送、
死亡する事故が毎年後を絶ちません」。

「逆流性食道炎」や「扁桃の腫れ」など
でも起こるといわれる「ノドづまり」。

しかし、山西クリニックの
山西敏朗先生は、「症状があっても
何の病気も見当たらない方がいる」とのこと。

その原因は「落ちベロ」にあるといいます。

落ちベロは、専門用語で「低位舌(ていいぜつ)」といい、
舌が本来よりも低い位置にある状態。

この状態になるとノドづまりに
なりやすくなるといいいます。

なぜ舌が落ちるとノドづまりになるのか。

舌が落ちることにより気管支が
開いてしまいます。

例えばお餅を食べると、
その開いた気管の部分に
乗って、詰まらせてしまい、
呼吸ができなくなるのです。

詰まらせなくても
肺に入った食べ物は
消化されず腐っていき、
誤嚥性肺炎の原因になります。

誤嚥性肺炎は、
75歳以上の高齢者に多く発症するといいます。

落ちベロになる理由は
舌は、腕や足と同じく筋肉でできており、
年齢を重ねると筋力が衰えます。

早いと40代、遅くても50代には
舌の筋力は衰え始めるそうです。



【落ちベロをチェックする方法】

10秒間で「タ」を何回言えるか
計測するだけ。

数え方
紙と太めのペンを用意。
「タ」を言うのに合わせて紙に点を打つ。

2人1組で、言う人と数える人でやるといい。

平均値を下回った場合は
落ちベロの可能性があります。

20~39歳は76回以上
40~59歳は74~75回
60~79歳は65~73回、
80歳以上は64回以下
が目安。


スポンサードリンク



落ちベロの改善法

舌を上に押し上げる
オトガイ舌筋を鍛えます。

【①舌鳴らし】

1.舌を上アゴにつける。

2.「舌打ち」をするように音を出す。

3.これを10回ずつ、朝昼晩行う。

舌の表面全体を上アゴに極力くっつける



【②アイウベ体操】

免疫力アップ・アンチエイジングなどでも
知られる体操ですが、
落ちベロ改善にも効果が期待できます。

1.「あー」と口を大きく開く。

2.「いー」と口を大きく横に広げる。

3.「うー」の口を強く前に突き出す。

4.最後に「べー」と、舌を突き出して下に伸ばす。

これを10回、朝昼晩行う。

.


ノドづまり改善トレーニングを検証

過去に味噌汁が器官に入り
苦しんだという田畑さんら6人に、
ノドづまり改善トレーニングを
してもらいました。

【ノドづまり改善トレーニングのルール】
・朝昼晩、「舌鳴らし」「アイウベ体操」を行う
・期間は2週間
・それ以外は普段通りの生活

2週間のトレーニング検証の結果、
6人中5人に落ちベロ改善の兆しが見えたのでした。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ