【林先生の初耳学】じゃらん大橋菜央編集長の失敗しない宿選びのコツ!

温泉

2016年12月18日放送の「林先生が驚く初耳学」の中の
「じゃらん大橋菜央編集長の絶対失敗しない宿選び」

スポンサードリンク

絶対に失敗しない宿選び

旅行のプロフェッショナル
旅行専門雑誌じゃらんの統括編集長・大橋菜央さん。

これまでも旅行に関するたくさんの初耳な知識を
教えていただいた大橋編集長がスタジオ初登場。

大橋さんは年間12000軒チェックし、
プライベートも合わせると年間100泊くらい
しているそうです。

そんな大橋菜央編集長が断言
「多くの人はせっかくの旅行を台無しにしている!」

編集長の大橋さんが
旅行の深掘り知識で林先生に挑戦します。

大橋菜央さん↓



口コミサイトは返信を狙え

大橋さんによると
口コミは個人の感覚だったり
その時の感情にも左右されたりすることがあります。

口コミは宿からの返信をチェックすることで
サービスへの姿勢が表れるといいます。

オススメは越後湯沢温泉の
湯沢グランドホテル。

川端康成の「雪国」の
舞台にもなったホテル。

【越後湯沢温泉】

新潟県南魚沼郡湯沢町

越後湯沢温泉





例えば「駐車場スペースが遠く移動が大変でした」
という口コミに対して。

「本当に一言足りなかったことがすごく悔やまれる」と
いうことが書かれていて、
実はその口コミをすぐにプリントアウトして
フロント担当や駐車場担当に渡して
「ひと言声を掛けるように伝えました」
ということを書いていて
もう実施もされてたのです。

チェックすべきは個人的な感覚で書き込まれる
口コミよりもおもてなしの姿勢が浮き彫りになるという
宿からの返信欄。

客に寄り添う一歩踏み込んだ返信の場合は
おもてなしやサービスの精度が高い宿の可能性が
グッと上がります。

林先生は、自分の宿の基準は、
コンセントが便利かどうかだと話しました。


ワケあり宿を狙え

西伊豆のふたりとわに縁を紹介。

全室部屋に貸し切り風呂がついており、
富士山を眺められる絶景宿。

しかし2人で予約すると1名半額で
宿泊できるとのこと。

実はオープンしたばかりで、
現在プレオープン期間のため。

オープンしたばかりや工事中などの
ワケありは狙い目だといいます。

旅行サイトではワケありプラン特集が
組まれているものもあるので要チェック!


スポンサードリンク



マタニティサービスを狙え

実は今旅行業界であるキーワードに注目が集まっています。
その宿を狙うことこそ宿選びに失敗しないプロの目線。

そのキーワードは「マタニティ」

妊婦さんが温泉に入っても健康上
特に問題はないことが分かり2014年、
32年ぶりに温泉法が改正されました。

それから2年。
マタニティ用の施設が充実してきたことで
注目が集まったのです。

しかもその充実のサービスは一般の方にとっても狙い目。
妊婦さんじゃなくてもぜひ泊まるべき宿なんです。

マタニティサービスが充実しているのは
隅々までサービスが行き届いている宿。

しかもその充実のサービスは
妊婦以外の方でも狙い目だといいます。

マタニティの宿でオススメなのが
静岡県東伊豆の北川温泉にある吉祥CAREN。

【北川温泉】

静岡県賀茂郡東伊豆町

北川温泉



プレママ(マタニティ)プランだけで
月140件の予約が入っているそうです。

妊婦さんのことを考え、万が一に備え、
目が行き届く部屋風呂や
楽に座れるよう配慮した高座椅子。

寝る時の体の負担が軽くなるという抱き枕も用意。

そして妊婦さんの間で一番好評なのが夕食。

妊婦さんに必要とされている葉酸を多く含む
カリフラワーのポタージュをはじめ
妊婦さんの体を考えたメニューを常に提供しているのです。

さらに急な体調の変化で来られなくなっても
マタニティープランならキャンセル料なし。


東海道新幹線で快適な座席は4号車10番A席

せっかくの旅行。

たいして混雑していないのに、
自分の周りがうるさかったり、
窮屈だったりすると気分がもりさがりますね。

でも1人で乗る場合に理論上
そんな目にあいにくい座席があるとのこと。

大橋さんから、新幹線でもっとも静かで快適なのは
4号車10番A席だと出題(一般席)。

林先生は初耳だと答えました。

新幹線の予約は7号車と11号車から
外側に埋まっていきます。

1号車から3号車は自由席なので、
予約が最後になるのは4号車と16号車。

しかし、16号車には運転席があるので
他の車両より座席幅が17mm狭くなっています。

つまり4号車の方がより快適。

座席については、車輪の振動の少ない中央の10番。

そして、隣に人がいない可能性が高いのは
A席だとのことです。

スポンサードリンク

コメントを残す

Print This Post Print This Post
サブコンテンツ

このページの先頭へ