【林先生の初耳学】ダイエットには”糖類0””糖質0””無糖”どれがいい?

さわやかな女性

2016年12月18日放送の「林先生が驚く初耳学」の中の

糖類0 と 糖質0 と 無糖の違いと
ダイエット中にはどれがいいかについて。

スポンサードリンク

糖類0 と 糖質0 と 無糖の違い

体型が気になるという人が
缶ジュースを買う時
“糖類0”と書かれたものを
手に取ることが多いんじゃないでしょうか?

そんな”糖類0”の表記に関する出題。

飲み物には”糖類0”の他にも
“糖質0”と書かれたものや”無糖”と
書かれたものもありますよね。

実は”糖類0”と”糖質0”と”無糖”
は別モノなのです。

飲み物以外にも私達が口にする多くの食べ物には
この3つの言葉がよく使われています。

スポンサードリンク

痩せたいと思った時
“糖類0”と”糖質0”と”無糖”
のどれを選べばいいのか?

林先生知ってた?それとも初耳?

林先生
知ってた!

ダイエット中は”糖類0””糖質0””無糖”どれを選ぶ? 

「炭水化物」があって、
その中に「糖質」が含まれます。

そこで、「糖質」と「糖類」の違いが分かれば、
“糖質0”と”糖類0”の違いも分かる
ということになります。

糖類には
・単糖類(ブドウ糖 など)
・二糖類(ショ糖、乳糖 など)
があります。

「糖類」ではないけども、
「糖質」のものは、
多糖類、糖アルコール など。

“糖質0”という場合は、
糖類を含め糖質全部が入っていないということ。

“糖類0”という場合は、
糖類(単糖類や二糖類)はないけども、
「多糖類、糖アルコール など」が入っている可能性が
ありますよということ。

“無糖”は基本的に”糖類0”と同じ。

ということでダイエット中は、
一つの指標として”糖質0”を選ぶとよい。

“糖類0”や”無糖”は、人工甘味料や糖アルコール
などを含んでいる場合があります。

また、いずれも100mlあたり、
糖分が0.5g以下であれば、
“ゼロ”の表示が可能。

全く糖分が含まれていない
ということにはならないので、
注意が必要です。

スポンサードリンク

コメントを残す

Print This Post Print This Post
サブコンテンツ

このページの先頭へ