【みんなの家庭の医学】物忘れストップ物質 BDNFを増やすにはウォーキング

老夫婦、病気

2016年12月20日放送の「たけしの健康エンターテインメント!
みんなの家庭の医学」の「ストップTHE物忘れ&認知症予防」

年を重ねても若い頃と変わらないくらい
記憶をしっかり保てる方法が判ってきました。
それを可能にする「物忘れストップ物質:BDNF」とは?

スポンサードリンク

「物忘れ」の原因は脳の萎縮

年を取ると物忘れが多くなります。
これは脳が加齢で縮んでしまうことが原因。

極端に萎縮することで
認知症のリスクも上がります。

しかし、最新の研究で、脳が萎縮しても
記憶力を衰えさせないことが
可能だとわかったのです。

高齢者の介護予防の研究を行っている
藤原先生がスタジオに登場。

認知症予防の方法を教わります。

藤原先生によると20歳をピークに
50歳ごろから脳が縮み、
記憶力が低下するといいます。

ただ、萎縮しても記憶力が
衰えない人がいるとのこと。


脳が委縮していても記憶力が衰えない人

そこでランダムに選んだ
60歳以上7名を選び、MRIで撮影し、
脳の萎縮具合を測定。

その後、7名に記憶力テストを行いました。

それは15個の単語を暗記し、
60秒でいくつ思い出せるかテストするというもの。

テストの結果
脳年齢
10個以上は30歳未満
9個→30~40代



6個→70代
5個以下は80代。

脳の萎縮が進んでいるにも関わらず、
脳年齢が実年齢より10歳も若い男性や、
脳年齢が30歳未満という女性が
いることが判明しました。

これは一体どういうことなのでしょうか?

記憶力には海馬が関係

東京都健康長寿医療センターの
藤原佳典先生にMRI画像を分析してもらうと、
先生は、頭の中のタツノオトシゴが
関係しているといいます。

それは脳の中の耳の奥に右と左に1つずつある、
タツノオトシゴのような海馬のこと。

海馬は脳に新しく入ってきた情報を一時的に保管し、
大事な情報を大脳皮質へ送って保存します。

脳のほとんどの部分の神経の細胞は
年を取るにつれて死滅していく一方なので
脳全体を大きくするということは期待できない。

ところが海馬は神経の細胞を増やしていったり
あるいは大きくしていくことができるのではないか
ということが最近の研究でわかってきました。

スポンサードリンク

海馬を大きくできる!物忘れストップ物質「BDNF」

“BDNF”は日本語でいうと”脳由来神経栄養因子”といい、
体内に存在するタンパク質の一種。

海馬の神経細胞を元気にするエサのようなもの。
BDNFの働きにより海馬を大きくすることができ、
記憶力の改善や認知症予防に役立つと
考えられています。

そして、アルツハイマー病の利用が期待され、
実用化にむけて研究が進められています。



BDNFを増やす方法!筋肉を使って作る

まだ詳しいメカニズムはわかっていないのですが
運動をすることによって脳内の海馬をはじめ
いろいろな場所でBDNFが発現する
ということがわかっています。

さらに脳の中で生み出されるだけではなく
筋肉からもBDNFが産生され、
その産生されたBDNFが血液に乗って
脳の中に達して、
脳内のBDNFも増えるんではないかといった仮説も
提唱されているそうです。

どんな運動をすれば、BDNFを
効果的に増やすことができるのか?

斉藤先生によると最近の研究では、
ウォーキングなどの有酸素運動を続けることで
筋肉からBDNFが作られ、10%程度増えるといいます。

どれだけウォーキングをつづければ
BDNFが10%増えるのか検証します。

脳の萎縮が確認された71歳の小川さんと、
60歳の山口さんに協力してもらいます。

山口さんは栄養士で、
保育園で給食を作る仕事をしています。

自転車通勤の1.5kmを徒歩にかえてもらいます。

一方小川さんは、スポーツジムに通っているが、
ヨガや気功、ストレッチだけしているとのこと。

そこで、ウォーキングマシン15分、
水中ウォーキング15分を
やってもらうことにします。

現在のBDNFの量を測ると
山口さんは20.1、小川さんは10.9でした。

検証初日、山口さんは20分徒歩で通勤。

小川さんも慣れないウォーキングマシンと
水中ウォーキングをしました。

1日目、どちらもBDNFは減少。
2日目もやはり減少。

先生にこの結果を伝えると、
急激に運動をはじめることで、
今までBDNFが足りていなかったところに
利用が促進されているとのこと。

その後も2人は運動を続け、
4日目に山口さんのBDNFは上昇、
6日目に10%アップを達成。

小川さんも7日目に10%アップを達成しました。

物忘れが気になる方は
1年は継続して行ってほしいとのことです。



まとめ

この日のみんなの家庭の医学の記事↓
【みんなの家庭の医学】カルシウムが高血圧、イライラ解消、がんの予防に!

【みんなの家庭の医学】ダニアレルギー対策の方法やTレグ細胞を増やす舌下免疫療法!

スポンサードリンク

コメントを残す

Print This Post Print This Post
サブコンテンツ

このページの先頭へ