【林先生の初耳学】舌の位置が正しくないと健康を損なう?改善方法も

犬、ワンちゃんの舌

2016年12月25日放送の「林先生が驚く初耳学」で
「舌の位置が正しくないと健康を損なう恐れがある」
という問題が出題されました。

舌の位置と健康の意外な関係とは?

スポンサードリンク

舌の正しい位置とは?

普段口を閉じている時に、
舌はどこに接していますか?

実は、舌がどこに接しているかで、
その位置が健康状態に
大きく影響しているとのこと。。

つまり、舌の位置が正しくないと、
健康を損なう恐れがあるといいます。

さゆみ矯正歯科クリニックの坂本紗有見院長も
「舌を正しい位置に置くだけで健康になれる」
と断言。

舌の位置と健康の意外な関係。

林先生知ってた?
それとも初耳?

林先生
知ってた!

スポンサードリンク

舌の正しい位置は上あごのくぼみに
舌全体が密着している状態。

①舌はあごや頭を支える筋肉の一つなので、
それが弱ると頭がフラフラとしたり、
姿勢が悪くなったり。
体を支えるバランスが崩れ
健康にはよくない。

②そしてもう1つの大切な理由は唾液。
舌の位置が正しいと、
唾液もしっかり分泌されます。
唾液には多くの抗菌物質が含まれていて、
体内に入り込む細菌をやっつける役割があるのです。

しかし、舌の位置が下がると、
口が半開きになったり、
口呼吸の原因に。

すると唾液の量が減り、口の中が乾燥するので、
免疫力が低下。

結果、風邪ひいたり歯周病になりやすくなってしまう。

もし舌が正しい位置にない人は意識して
上顎に当てることで改善が可能。

舌の位置の改善方法

【舌の位置の改善方法】

舌打ちや舌ならしをしたことがあると思いますが、
そのイメージで、
舌を上あごにつけて、上あごから吸われているような
イメージで、ポンと舌を離して、強い音を出す。

これを、毎日5分ほどすることで、
改善することができるそうです。

スポンサードリンク

コメントを残す

Print This Post Print This Post
サブコンテンツ

このページの先頭へ