【林先生の初耳学】太りにくいお餅の食べ方は?黒豆が食べ過ぎを予防!

餅

2016年12月25日放送の「林先生が驚く初耳学」

太りにくいお餅の食べ方や
黒豆が食べ過ぎを予防する
ことについて紹介!

スポンサードリンク

太りにくいお餅の食べ方

もうすぐ迎える
お正月にちなんだ健康データをご紹介。

なんと寝正月をたった2日するだけで
1年分も体が老化するという研究結果が。

人間は年を取るごとに1%ずつ
筋力が低下するのですが
一日の寝正月でも0.5%の
筋力が失われるのだとか。

さらに気を付けたいのがお正月の食事。

実はお餅は食べ方によって太りやすいか
太りにくいか大きく変わるのです。

・みたらし
・きな粉餅
・あんこ餅
・磯部焼き
・からみ餅(大根おろし)

この5種類のお餅の中で、
太りにくいのはどれでしょうか?

林先生はからみ餅を選びました。

ここでポイントになるのはGI値。

スポンサードリンク

GI値とは、食事をして上がった血糖値が
正常に戻るまでにかかる時間を
数値化したもの。

一般的にこのGI値が低いほど、
体内で脂肪が増えにくいといわれています。

さきほどのおもちのGI値。

・みたらし(78)
・きな粉餅(66)
・あんこ餅(80)
・磯部焼き(61)
・からみ餅(64)

つまり、この中で最も太りにくいのは
GI値が最も低い磯部焼き

磯部焼の海苔に含まれる食物繊維が
糖質の吸収を抑え、マグネシウムが
糖の燃焼を高めるので、
普通の餅に比べ食後の血糖値の上昇が緩やかになり
太りにくいといえます。



食前に黒豆を食べると食べすぎ予防に

また、おせち料理に入っている黒豆には
食欲を抑制する効果が期待できるそうです。

黒豆の成分には、大豆サポニンという成分が
含まれていますが、
大豆サポニンには、栄養の吸収速度を遅くし
て腹持ちをよくする働きがあります。

さらにまた腸の中で水分を含んで膨張する、
不溶性食物繊維が非常に豊富。

なので、食事の前に10粒ほどつまみ食いをすると
食べ過ぎの予防になります。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ