【世界一受けたい授業】インフルエンザ対策にキウイ&切り干し大根!レシピも

キウイ

2017年1月7日放送の「世界一受けたい授業」

インフルエンザや風邪対策!
最新研究で判明した
スーパー冬野菜&果物を紹介!

キウイ&切り干し大根!レシピも

スポンサードリンク

インフルエンザ対策に効果的なスーパー冬食材

インフルエンザに効果的なスーパー冬野菜について。

例えばホウレンソウは夏と冬では含まれる栄養価が違い、
寒さにさらされることでストレスがかかり、
冬は疲労の回復にいいとされるビタミンCが3倍にアップ。

さらに抗酸化作用のあるβカロテンは
冬野菜の中でトップクラス。

教えてくれるのは管理栄養士の石川三知先生。

先生は荒川静香さんや高橋大輔さんなど
数々のメダリストの栄養面をサポートしています。

昨年度リオデジャネイロオリンピックに出場した
渡部香生子選手や銅メダリスト瀬戸大也選手もサポート。

インフルエンザ、風邪対策にキウイ

1~2月にかけてインフルエンザや風邪は
患者数がピークになります。

そんなインフルエンザ、風邪対策におすすめ食材はキウイ。

キウイは、免疫力を高めるビタミンCの含有量が
果物の中でも各段に多く含まれています。

キウイには
グリーンキウイとゴールドキウイがありますが、

グリーンキウイ→69mg
ゴールドキウイ→140mg

ゴールドキウイのほうがビタミンCの含有量が多いです。

ゴールドキウイはレモン7個分に相当し、
ゴールドキウイ1個を食べると1日のビタミンCを
摂取したことになります。

2015年、ニュージーランドのオタゴ大学の研究によると、
1日2個ゴールドキウイを食べると、
体内に侵入した細菌を殺菌する好中球の活動が活発に。

更に細菌を殺す物質スーパーオキシドも増えたといいます。

つまり、1日2個のゴールドキウイが免疫力を上げ、
風邪対策に効果があるのです。


弱った胃腸を整えるには大根

年末年始の暴飲暴食、
胃腸が弱っているときのおススメ食材は大根。

スポンサードリンク

実は、医者1000人が答えた、健康のために
食べるとよいと思う冬野菜1位だったそうです。

大根は、胃腸の働きを整える
様々な酵素が詰まっているため、
自然の消化剤とも言われています。

大根に含まれるジアスターゼは、
ご飯や麺などのでんぷんの分解を促進。

また、たんぱく質を分解するプロテアーゼは、
肉類の食べすぎなどの胸やけや胃もたれを
緩和してくれます。

胃腸の働きを整える最もよい食べ方は
大根おろし!

大根をおろすことで発生する辛み成分の
イソチオシアネートが、胃液の分泌を促進し
消化を助けてくれるのです。

大根に多く含まれる酵素は熱に弱いので、
お鍋などに入れる時には食べる直前に
加えたほうがいいとのこと。

また、冬は運動量も減り、
日光浴の時間も減るため
元気な骨を作りにくくなります。

切り干し大根を食べることで
丈夫な骨作りに役立ちます。

切り干し大根は、大根が太陽を浴び、乾燥したことによって、
鉄分・ビタミン・カルシウムがぐんとアップ。

先生は選手に練習がハードだったりすると
鉄分をとってほしいと思っていて
おみそ汁や漬物やトマト煮などで
食べてもらっているそうです。

切り干し大根を戻すときの注意点

一般的に切り干し大根は水で戻しますが、
鉄分やカルシウム・ビタミンなどが
水の中に溶け出ててしまうため、
戻し汁まで使わないと
栄養価が少なくなってしまいます。

栄養価を失わず、逆にアップさせるには
ヨーグルトで戻す。

【切り干し大根の戻し方】

切り干し大根の10倍の量の
プレーンヨーグルトで混ぜ、
冷蔵庫で8時間置いたら完成。

おススメレシピは、
切り干し大根ヨーグルトサラダ。

【切り干し大根ヨーグルトサラダのレシピ】

『材料』
切り干し大根→15g
ヨーグルト→150g

ツナ→70g
レモン汁→小さじ2
塩、こしょう→少々

『作り方』
1.切り干し大根をヨーグルトでまぜ、
冷蔵庫で8時間置く

2.①にツナ、レモン汁、塩、こしょうを
まぜればできあがり!

水で戻す場合よりも、カルシウムが3倍に。

また、ヨーグルトにはカゼインという成分が含まれていて
さらにカルシウムの吸収を助けてくれます。

ツナにはビタミンD、Kが入っていて、
この3つ(カルシウム、ビタミンD、K)が
骨作りに欠かせない
ゴールデントライアングルと呼ばれています。

まさに骨のスーパーサラダ!とのことです。



アボガドスムージーのレシピはこちら↓
【世界一受けたい授業】アボカドスムージーのレシピ!動脈硬化予防に!冬のスーパー食材

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ