眼科医 平松類先生の視力&ドライアイ回復術!【バイキング】

視力回復

2016年1日8日放送のフジテレビ バイキング『ひるたつのコーナー』で、
「視力低下に悩んでいる方は必見。今からでも遅くない!視力UP術!」を紹介。

彩の国東大宮メディカルセンターの眼科医 平松類先生が解説します。

今や日本人の半数が視力低下で悩んでいます。

視力低下はどうにもならないと思っていませんか?

「大丈夫です。普段からちょっとしたことをしていくだけで年齢関係なく視力がよくなっていきます。」とおっしゃるのは彩の国東大宮メディカルセンターの平松類先生。

そこで視力0.5の新婚芸人キンタロー。が視力回復UP術を10日間実践します。

視力低下の大きな原因

視力低下の大きな原因には2つあります。

1.毛様体筋のコリ
2.ドライアイ

視力低下の原因①
【毛様体筋のコリ】

毛様体筋は遠くを見る時にレンズを薄くするのでリラックス状態で見ているのですが、近くを見る時は、レンズを厚くするので緊張状態になります。

ただ、ずっと近くを見ていると凝ってしまって、遠くや近にピントを合わせることができなくなって、近視や、老眼や、視力低下の原因になります。

視力低下の原因②
【ドライアイ】

ドライアイとは目が乾いてしまうことです。

日本では800万人~2200万人とかなり多く、オフィスワーカーの3人に1人がドライアイとわれているそうです。

パソコンやスマホ、コンタクトをずっとしているドライアイになりやすいといわれています。

ドライアイになると、涙の量が減り、質の悪い涙が出てくるのです。

それが目を傷つけ、視力低下に繋がります。
質の悪い涙とは油分が少ない涙。

涙は、水だと思っている人が多いですが、油と水が混ざってできています。

油分は保湿効果があるのですが、油分が少ないと乾きやすくなり、目が傷つきやすくなって視力が低下したり、目がくすんだり、充血しやすくなります。

これら2つの大きな要因で視力が低下してしまうのですが、これから紹介する視力回復のトレーニングを自宅で毎日すれば視力改善がのぞめるとのこと。

スポンサードリンク

10日間で視力回復方法!

毛様体筋を鍛える方法①
【寄り目ストレッチ】

指を目の前まで近づけていきピントが合わなくなったら視線を外す。

視力回復法

これを1日10回を2セットが目安。

毛様体筋の血流を上げてレンズのピント機能を鍛えることができます

毛様体筋を鍛える方法②
【老眼鏡をかける】

老眼鏡をかけて遠くを見る。

目の周りのしびれを感じたら、凝り固まっているものが良くなってほぐれてきている証拠。

1日5分が目安。

老眼鏡は100円ショップで入手可能で+2ぐらいがおすすめ。

ドライアイ対策①
【油出しマッサージ】

まぶたを上下に優しくなでていく。

視力回復法

内側から外側に向けて10回ずつ。

最後に、まぶたを上下のまぶたを軽くつまむと油が出やすくなり効果的。

ドライアイ対策②
【ホットアイパック】

水に濡れたタオルを600Wのレンジで40秒温めて40℃の蒸しタオルを作ります。

これを目に当てます。

目を温めることで血流がよくなり油の分泌を促進してくれます。



スタジオでキンタロー。の視力の生検査!

キンタロー。の視力は0.5だったのに10日後視力1.0まで回復!

これだけ効果が上がったのはキンタロー。の視力が0.5とそれほど悪くなかったから。

近視・老眼どちらにも効果がありますが、
進行が進みすぎているとここまでの回復は期待できないかもしれないとのこと。

でも仮性近視の場合の視力改善や視力低下の防止は期待できるそうです。

感想

どれも簡単ですね。

私もかなり視力が悪いのでキンタロー。のような効果はみこめないと思いますが、目の疲れだけでもとれるといいなと思います。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ