【家庭の医学】腰部脊柱管狭窄症のタイプの腰痛解消のストレッチ!

2017年1月10日放送の「みんなの家庭の医学」の
「日本人に多い3大腰痛タイプ別解消法スペシャル」

ここでは腰部脊柱管狭窄症のタイプの解消法を紹介!

スポンサードリンク

3人に1人以上が抱えている腰痛

日本人の成人の3人に1人以上が抱えている腰痛。
そんな腰痛について教えてくれるのは、
福島県立医科大学 整形外科学講座兼任教授の
大谷晃司先生。

大谷先生は、腰痛解消のためにまず大切なのは
「自分の腰痛のタイプを知ること」
「その痛みの程度がどのステージにあるのかを
しっかり把握すること」

そこで今回は日本人に多い3大腰痛
【タイプ別解消法】を大公開!

腰部脊柱管狭窄症のタイプ

神経の通り道である脊柱管が
何らかの影響で狭くなってしまう病。

神経が圧迫されて痛みやしびれが
ひきおこされてしまう。

腰痛の3分の1を占め
60代以上の方が多く、
高齢になるほど気をつけんなればいけない。

【ステージ1】
寝起きにこわばって重だるい腰痛

状態
加齢で弾力性が失われ、
からだを動かすとき関節や筋肉が引っ張られ
重だるい痛みが現れる

対処法
関節や周りの筋肉をストレッチさせることが
腰痛の予防・解消に効果的

【椅子に座ってストレッチ】

1.椅子に座り足を肩幅に開きおじぎをする。

スポンサードリンク

2.腰のあたりがつっぱるのを
感じるところで5秒間キープ。

3.力を抜いて元の姿勢に戻る

4.頭の後ろで手を組み、
身体全体を後ろに下げる。

5.お腹が伸びて少しきつくなったところで5秒間キープ。

6.力を抜いて元の姿勢に戻る

7.左にひねり少しきつくなったところで5秒間キープ。

8.力を抜いて元の姿勢に戻る

9.右側も同様にひねり5秒間キープ。

毎日3回それぞれ行うことで、
関節や筋肉が伸ばされて柔らかさを
維持できることが期待できる。



【ステージ2】
身体を後ろに反らすと
ズキッとした痛み

状態
加齢で関節が肥大、靭帯も変形
→脊柱管はさらに狭い状態に

対処法
動いたときの痛みを軽減し、
腰全体を安定させるために
腹筋や背筋を鍛える。

【おへそ体操】

1.仰向けでひざを軽く曲げ、太ももに手を置く。

2.おへそを覗くようにゆっくりと頭を持ち上げる。

痛みが出た方は無理をしない。

3.この姿勢を5秒間キープ。

4.元の姿勢にもどる

5.次に両手を身体の脇に伸ばす。

6.おへそを持ち上げるように
お尻を上げて5秒間キープ。

背骨をあまり動かさないようにして
行うと効果的

1日1セットを10~30回行うとよい。
何回かに分けてやってもよい

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ