【家庭の医学】腰椎椎間板ヘルニアの腰痛解消!お腹へこませ体操&パピーポジション

2017年1月10日放送の「みんなの家庭の医学」の
「日本人に多い3大腰痛タイプ別解消法スペシャル」

ここでは腰椎椎間板ヘルニアタイプの解消法を紹介!

スポンサードリンク

3人に1人以上が抱えている腰痛

日本人の成人の3人に1人以上が抱えている腰痛。
そんな腰痛について教えてくれるのは、
福島県立医科大学 整形外科学講座兼任教授の
大谷晃司先生。

大谷先生は、腰痛解消のためにまず大切なのは
「自分の腰痛のタイプを知ること」
「その痛みの程度がどのステージにあるのかを
しっかり把握すること」

そこで今回は日本人に多い3大腰痛
【タイプ別解消法】を大公開!



腰椎椎間板ヘルニアのタイプ

椎間板ヘルニアとは背骨と背骨の間で
クッションの役割をしている椎間板の
部分の中身が飛び出し、
神経を圧迫し
痛みを引き起こす病。

このタイプも、原因が特定できる腰痛の
3分の1を占めます。

加齢とともに椎間板の水分が減り
弾力が失われどんどん硬くなってしまう。

重い荷物などを持つと硬くなった椎間板に
圧力がかかりなってしまう。

【ステージ1】
突然腰にズキッとした痛み
10分ほどで少し動けるようになる
脚にビリビリとしたしびれとズキッとした痛み

状態
椎間板に亀裂が生じ、炎症が発生
→慢性的な痛みへ

対処法
一度起きた亀裂は修復されないので
筋肉でフォローするために筋肉を鍛えます。

椎間板周辺の筋肉を鍛え椎間板への負担を軽減
→痛みの軽減や再発を防ぐ

【お腹へこませ体操】

1.椅子に座り姿勢を正しリラックスする。

2.お腹に力を入れてへこませる。

3.へっこめたところでお腹の横に手を当てて
腹筋に力を入れる。

4.力を入れた状態を5秒間キープしたら、
力を緩める。

※1日10回程度行うと
痛みの軽減や予防が期待できます。

※腰痛でない方も腰痛の予防にもなります



スポンサードリンク



【ステージ2】
前かがみで鋭い腰痛と
片足にしびれ・痛み

状態
椎間板の前側に強い圧力がかかり
椎間板の中身が外に飛び出して
すぐそばを通る神経を圧迫。

椎間板は左右どちらかい飛び出すことが多いため
片側の足に症状が出るのも特徴の1つ

対処法
椎間板をへこませて神経の圧迫を軽減させれば
痛み・しびれが改善する

【パピーポジション】

パピーポジションとは赤ちゃんが
頭を持ち上げたような
背中を反すストレッチのこと。

1.腕を曲げてうつぶせに寝る。

2.両腕が垂直になるように
ゆっくりと上体を起こします。

痛みが出たら中止してください。

3.1分間その姿勢をキープする。

4.元の姿勢に戻る。

1分間を1日2回以上おこなってください

パピーポジション

状態はできるだけ起こして行うと効果的

※入浴後は身体が柔らかいのでやりやすい

※腰痛でない方も腰痛の予防にもなります


【ステージ3】
日常生活に大きな支障をきたす痛みとしびれ

対処法
医療機関で受診し、治療を行う



まとめ

こちらも参考にしていてください↓
梅沢富美男がパピーポジションで腰痛改善!【みんなの家庭の医学】

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ