【あさイチ】片頭痛の予防体操のやり方!頭痛の原因や頭痛薬も

頭痛や風邪の病気の女性

2017年1月11日放送の「あさイチ」の
「そのつら~い痛み、片頭痛かも」

頭痛の原因や頭痛薬、
片頭痛の予防体操の紹介!

スポンサードリンク

片頭痛とは?

ズキンズキンとする強い痛み。

その頭痛、「片頭痛」かもしれません。
推計で840万人がかかっている
とされていながらも、
自分がその病気だと知らずに
苦しんでいる人が多いようです。

しかも「原因がわからない」
「対処のしかたがわからない」ともいわれていて、
面倒な病気、と思われがちでもあります。

ですが、専門医にかかり、適切な治療、
指導を受けるとぐっと楽になるんです。

たとえば原因をつきとめる、「頭痛ダイアリー」。
原因を知れば、ある程度予防出来るんです
(生理周期と関連がある人も多いそう)。


片頭痛には下記のような特徴的な症状があります。
・こめかみの周りが痛む
・ズキンズキン脈打つように痛む
・頭を動かすと痛みが強くなる
・頭痛と一緒に吐き気が起きる
・光や音をわずらわしく感じる
・ギザギザした光で視野が遮られる

以上はありがちな症状
人によって違った症状が出る場合もあります



頭痛ダイアリー

どんなときに起こりやすいのか、
書くだけでわかる方法があります。

それが、「頭痛ダイアリー」。
専門医が指導している方法です。

やり方は簡単。
頭痛の程度や飲んだ薬、生活への支障度、
自分の体調に関係しそうな出来事を日記に
書き込んでいきます。

しばらくつけていくと、
月経やストレス、睡眠不足など、
自分の頭痛を引き起こすきっかけ
となることが見えてきます。

避けられるものは避けたり、
避けられない場合でもゆったり過ごすなどして、
片頭痛が起こりにくくなる対策を
とることも出来ます。

頭痛ダイアリーは、日本頭痛学会のホームページから
無料でダウンロードすることが出来ます。
HP:http://www.jhsnet.org/dr_medical_diary.html



頭痛ダイアリーをつけてわかったこと

頭痛で悩んでいた高橋さんは
頭痛専門医から勧められ頭痛ダイアリーをつけました。

頭痛があったら強さに応じた数の縦の棒を書きます。
(例えば重度なら3本、中程度なら2本、軽度なら1本など。
午前・午後・夜に分けて記入します)

さらに飲んだ薬や生活への影響度また、
自分の体調に関連しそうな出来事を書いていきます。

2年ほど前から頭痛ダイアリーをつけ始めた高橋さん。
この間、片頭痛が記録された日は99日ありました。

そして、そのうち28日には
共通していることがありました。
それは”生理”でした。

高橋さんだけではなく、22人のダイアリーをみると
月経直前と月経期間中に発作が多いことが分かります。

月経は片頭痛の大きな原因の1つとみられています。

ほかにもあります。
99日の片頭痛のうち16日は
お天気と関係があるということが分かりました。
梅雨の時期など、雨が降って
じめじめした日にも起こりがちでした。

そのほかにも、睡眠不足の日や極度の疲れなど、
頭痛の原因となることがたくさんあったのです。

原因がたくさんあったので分かりにくかったわけですが
記録してみると簡単に整理できました。

ちなみに、梅雨の時期の生理など
複数の原因が重なると片頭痛が長引いたり、
重くなることも分かりました。

分かったからって何なの?と思うかもしれませんが
ある程度予防ができるようになるのです。

例えば、睡眠不足だなという日にはこんな対策を。
30分ほど仮眠をとるだけで
片頭痛が起こりにくくなりました。

梅雨の時期はエアコンの除湿機能を使って
部屋の湿度をあまり上げないようにしたりできます。



片頭痛を引き起こす原因は?

なぜ片頭痛になるのか、
まだ解明されていないないのですが
有力な説を紹介します。

私たちの頭の中には三叉神経という
黄色い結構太めな神経が行き渡っています。

脳の血管が拡張したり炎症を起こすと
三叉神経が痛みを感じ、
それが片頭痛となっていることが
あるのではないかとのことです。

人によって違いますが、
典型的なものは以下のとおりです。

・ストレス、ストレスからの解放
・寝過ぎ、寝不足
・人混み、騒音、まぶしい光、強いにおい
・気候、気圧の変化
・月経、排卵
・特定の飲食物
(人によってはチョコレートや赤ワインが原因になることも)
・空腹
・肩、首の凝りや痛み

その他、年末年始、旅行など、
日常とは違う生活パターンで過ごすときに
起こることも多いといいます。


スポンサードリンク



片頭痛の薬の使い分け

頭が痛くなったら市販の鎮痛薬を買って
飲んだりします。

なぜ痛みに鎮痛薬が効くのかというと
痛いと感じるのは血管が広がったり炎症が出たりという
2つのことが起こると痛みの物質が伝わっていきます。

鎮痛薬を飲むとそのうちの1つの炎症部分が
抑えられるということがあります。

けれどもさきほどの高橋さんは
鎮痛薬が効かなくなっていました。

これは片頭痛の発作そのものが重症化し、
炎症を抑えるだけでは
頭痛がよくならなくなったということです。

どうしたらいいのかというと
医師の処方薬で効果的なものがあります。

それは片頭痛の治療薬、”トリプタン”です。

鎮痛薬とは効く仕組みが違います。

服用したトリプタンは血液にのって
脳の血管にたどりつきます。

そこで広がった血管を収縮させます。
これは鎮痛薬にはない作用です。

また炎症のほうも、鎮痛薬とは違う方法で
抑えてくれます。

なお、このトリプタンは
服用のタイミングは痛みが出始めたとき。
遅れると効きが悪くなります。

ただ、このトリプタンにも限界があります。

トリプタンは血管を収縮させる作用がありますので
飲んではいけないという方がいらっしゃいます。

狭心症や心筋梗塞、脳こうそく、高血圧の方は
飲むことができません。

また飲みすぎるといけないため
月に9日までという制限があります。

たまたま1か月間だけ今月は12日
飲んでしまったというのはいいです。

けれどもいつもコンスタントに
10日以上飲むと今度はかえって
頭痛を増やしてしまう状態になってしまいます。

トリプタンは市販では手に入りません。

けれども頭痛が9日以上起こる人もいます。

片頭痛が頻繁に起こるというまゆみさん。

ことし5月から6月にかけての
まゆみさんの頭痛ダイアリーを見ると
頭痛は、ひと月に17日間。

トリプタンでは対処しきれない日数です。
そして頭痛専門医を受診したまゆみさん。

医師からは鎮痛薬トリプタンとともに
ある薬を処方されました。

それは片頭痛の予防薬。

医師からは頭痛があってもなくても
毎日服用するよう言われました。

あまりに頻繁に頭痛に襲われると
脳にある変化が起こることがあります。

敏感に反応する脳になり、
そうなるとちょっとした刺激でも
痛みと感じてしまうというのです。

予防薬は、そんな脳の敏感になってしまった
状態を元に戻す作用があるのです。

まゆみさんは処方された予防薬を
朝晩2錠ずつ、毎日飲みました。

すると3か月後。
月に17日あった頭痛が
2日にまで減っていたのです。

予防薬は効果が出るまでに
大体早い方で1か月ぐらい、
2か月ぐらいかかります。

頭痛が減ってくればそこから
減らしていって
やめることができます。

脳が元の状態に戻ってしまっているので、
そうなったら予防薬はいらなくなります。

3種類の薬が出てきました。

【3種類の薬の使い分け】
・痛みが軽い場合は、鎮痛薬

・重い場合はトリプタン

・頻度が多い場合には、予防薬を併用します。

トリプタンと予防薬は医師の処方薬です。
(あくまでもこれは原則で
実際には医師が患者の状態をみて処方していきます。)



頭痛体操のやり方

予防の体操なので
痛みが出ている時はやらないでください

1.足を肩幅に立つ。

2.肘をまげて水平にして肘と肩を左右に回す。

このとき顔は正面向け、
上半身を左右に回す。

背骨が柱になるように、
その周りを体が回るイメージで。

1日1回、2分間行います。


上の方の体操です↓



危険な頭痛の見分け方

・バットで殴られたような激痛
→クモ膜下出血の可能性

・頭がガンガン痛み、38度以上の高熱が1週間以上続く
→髄膜炎の可能性

・言葉や手足の不自由がある
→脳梗塞・脳出血の可能性


こどもの片頭痛

症状は?
・頭痛が起こると動けなくなる
・頭が痛いといって吐いてしまう
・テレビや光を避ける
・においに敏感

【あるお子さんの場合】
現在小学3年生のあみさん。

去年の夏、片頭痛だと診断されました。
でも頭痛が始まったのは4歳のころだったといいます。

しかし、お母さんはあみさんの頭痛の訴えを
病気とは思わなかったといいます。

あみさんの頭痛の症状は去年から悪化しました。

学校でも痛くて授業を受けられず
保健室で休むといったことが
繰り返されるようになりました。

ここに至ってお母さんも
娘の状態の深刻さに気付きました。

専門医を訪ねるとすぐに
片頭痛と診断されました。

頭痛を引き起こす要因にも
思い当たることがありました。

例えば、車に乗るとあみさんが
必ず嫌がる車内のにおい。
雨の日の前にも頭痛が起こりがち
なのだそうです。

取材したときは片頭痛の治療を始めて
およそ5か月がたっていました。

症状に応じた薬を処方され
あみさんの頭痛はかなりよくなってきたといいます。

今の子どもたちはストレスや不規則な生活で
片頭痛になる子も増えているとのこと。

ゲームを長時間していたり、夜遅くまで起きていたり、
そういう不規則な生活。

また、塾やお稽古ごとが忙しく
そういうことがストレスで
頭痛が増えてしまうこともあるそうです。


学校にはどう伝えれば?

もう1つ大事なことがあります
それは学校の理解。

こどもの片頭痛については、
学校の理解も大事です。

片頭痛になったときに対応してもらえるよう、
家庭訪問の際や、連絡帳に書いたりして、
先生に伝えておくとよいです。

小児科の頭痛専門医が作成した
冊子を渡すという方法もあります。

日本頭痛協会のホームページで
ダウンロードすることができます。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ