【ガッテン】ピーナッツで血管を健康に!野崎流万能甘だれレシピも

ピーナッツ(落花生)

2017年1月11日放送の「ガッテン」は「血管を強くしなやかに!
ピーナッツパワー解放ワザ」

ピーナッツの健康効果やレシピを紹介!

スポンサードリンク

ピーナッツの健康効果

アメリカ・ハーバード大学が
30年間にわたって
12万人の食生活を調べた結果、
血管を健康にして死亡率を
飛躍的に下げる食材として浮かび上がったのが、
ピーナッツでした。

ピーナッツのおよそ半分は脂肪ですが、
ピーナッツの油には「飽和脂肪酸」や「不飽和脂肪酸」が
とてもにバランスよく含まれています。

油というと体に悪そうに思うかもしれませんが、
実は全身の血管を強くしなやかに保つ大切な栄養素。

コレステロール値をさげたり、糖尿病を軽減したり、
驚くほどのスーパーパワーをもっているのです。

ミネラルやタンパク質も多く、
最強の健康食として世界が注目をしはじめています。

カロリーのことも考えると、おすすめは1日20粒程度。
おすすめは肉やお米を、ほんの少しピーナッツで
置きかえることです。

【ピーナッツ(落花生)】



ピーナッツのレシピ

市販のピーナッツにひと手間を加えるだけで、
「最強のおつまみ」や「万能コク出し調味料」に変身!

【最強おつまみピーナッツ】

『材料』
柿ピー、バタピーなどのピーナッツ
(特に白っぽい浅煎りのものだと、
香りがよく出ます)

『作り方』
1.フライパンにピーナッツを入れ、
中火で煎る

スポンサードリンク

2.表面に油の照りと焦げ目がついて、
香りが出てきたらできあがり!(約3分程度)



【ピーナッツペーストのレシピ】

『材料』
ピーナッツ(市販のバタピー等でOK)
※今回は薄皮つきのものを使用。
ポリフェノールたっぷりで、香ばしさもアップ!

『作り方』
フードプロセッサーやすり鉢でピーナッツを潰し、
なめらかになれば完成。

つぶ感はお好みで!
※そのまま、もしくはハチミツやジャムと一緒に
トーストに塗るのもおすすめ。



【野崎流 らっか汁のレシピ】

『材料』
ピーナッツバター→40g

みそ→30g

水→400ml

お好みの具材

今回は しめじ40g、
ネギ(斜め切り)20g、
ほうれん草(4㎝幅)30g

『作り方』
1.鍋に水を入れ、少し温まったところに
ピーナッツペーストを入れて、よくかき混ぜる。

2.材料を全部入れて沸騰したら出来上がり。

※火が早く入る野菜であれば
どんな野菜でもOK


【野崎流 カンタン担々うどんのレシピ】

『材料』


ピーナッツペースト→ 50g
豆乳(あたためたもの)→ 100ml
醤油→ 大さじ2
砂糖→ 小さじ1
ラー油→ 適量


うどん(今回は冷凍麺使用)→ 2玉
ネギ(斜めスライス)→ 80g

[作り方]

『作り方』
1.Aの材料をよくまぜる。

2.熱湯にBを入れてゆであがったところに
①をかければできあがり!

※ラーメンやそうめんでもOK。
たれは鍋などにも使えます。


【野崎流 万能甘だれのレシピ】

『材料』
ピーナッツ→60g

黒砂糖→20g
普通の砂糖でもo.k

しょうゆ→大さじ1

酢(煮きったもの)→大さじ2

『作り方』
1.フードプロセッサーや
すり鉢でピーナッツを粗く砕く。

2.①と砂糖、醤油、酢を加えて
よく混ぜればできあがり!

※お好みの野菜や厚揚げ、
ご飯などにかけても。


ピーナッツの殻

普段捨ててしまうピーナッツの殻の
よい使い道として、消臭剤にすることもできます。

この案は全国高校生ビジネスコンテストで
特別賞を受賞しました。

殻を容器に入れて靴箱に入れておくのもオススメ。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ