【ソレダメ】これで貯金1000万円!カリスマ節約術!コルクでアイブロウ

手帳文房具コーヒー

2017年1月11日放送の「ソレダメ!
~あなたの常識は非常識!?~」で
「これで貯金1000万円!ソレマル節約術!」

ある主婦の衝撃の節約術をランキングで大公開!

スポンサードリンク

とんでもない節約主婦

福岡県でとんでもない主婦を発見。
4人の子どもを育てたシングルマザー。

小松美和さんは節約して6年で
1000万円貯め家を買いました。

現在節約術が約250個あるとのこと。

そこでは真似したくなる節約術、
衝撃の節約術をランキングで大公開。

水道代の節約術ベスト3

小松家の水道代は1か月約1000円。
一般的なな4人家族の水道代は約6000円

250の節約術を持つ節約の最終兵器の技!!

【第3位:見えない蛇口を閉める】
小松さんは蛇口の元栓を閉めて水の量を
少なくしていた。
なので全開しても通常より水の出る量が少ない。

【第2位:電話帳をキッチンペーパー代わりに使う】
漫画雑誌でも代用可。

小松家の冷蔵庫の横にはハンガーに
電話帳がかかっている
汚れたお皿を洗う前に電話帳を破いて
拭いていたのです。
水道代や洗剤代の節約に。

【第1位:カレーの仕上げに粉寒天を入れて作る】
粉寒天をいれることで冷めると固まり
つるっと鍋からカレーがとれ、鍋の汚れを少くでき
水も洗剤も少量でo.k。
味は変わらないそうです。


電気代の節約術ベスト3

電気代の節約というと
部屋の電気をこまめに消したり、
家のアンペア数を下げたりするのは
よく聞く話。

一般的な4人家族の電気代が
1か月が平均約14000円なのに対して、
小松家の電気代は月約3000円。

3位:冷蔵庫にホワイトボードを貼る

扉ごとにホワイトボードが張られており、
冷蔵庫の中身が書いてあります。
冷蔵庫あけなくても中身がわかるので
開ける回数が減ります。

スポンサードリンク

ちなみに小松家では冷蔵庫を開けるのは3秒以内。
1年で5400円の節約に。

2位:ホットカーペットの下に新聞紙を敷く

ホットカーペットというとその下に敷く
銀色の断熱シートが売られています。
断熱効果が高まり、設定温度をひくくしても
温かくなるというもの。

しかし、小松家では新聞紙を敷いています。
しかもご近所からいもらったものなのでタダ。
銀色の断熱シートを同じぐらいの
効果があるとのこと。
1年で3000円の節約に。

1位:材料費1.5円の手作りカイロを作る

冬の節約は暖房代を減らすこと。
小松家では暖房の温度を極限まで下げて

後は手作りカイロ。

布製の袋にあずき50gを入れます。
あずきがこぼれないように封をしたら、
レンジで30秒温めて完成。
あずきの60度弱の温度で約30分効果が持続するとのこと。
材料費たった1.5円。
100回以上繰り返し使えるそうです。



日用品節約術ベスト3

小松美和さんの日用品節約術ベスト3。

日用品といえば
特売日にまとめ買いして節約したりますが。

【第3位:ボディーソープに輪ゴムをつける】
ボディーソープのボトルの軸部分の輪ゴムをつけて、
ワンプッシュで出る量を減らします。
これで1年で2400円の節約に。

【第2位:ティッシュは2倍にして使う】
半分にすることで2倍になる。

ちょっと鼻をかんだり、
手をふいたりするのなら半分で充分。

半分の仕方
・上のフィルムを切り取り除く
・箱を2つに切る
・一度箱からティッシュを取り出し、
ティッシュも半分に切る
・それを半分にした片方の箱に戻し、
もう1つの箱をくっつけます。

1年で4800円の節約に。

【1位:コルクをアイブロウの代わりにする】
ワインのコルクをライターであぶり、
十分に冷ます。
あぶった部分で眉に直接書いていきます。
仕上げにめん棒でぼかせば完成。

小松さんは10年くらい化粧品を
買っていないとのこと。

無料サンプルやポイントをためて
化粧品したり。
1年で9万円節約に!



スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ