【その原因Xにあり】清水よし子が豆乳甘酒ダイエット!15日間で-1.7kg

甘酒

2017年1月13日放送の「その原因、Xにあり」は
「冬のお悩み 徹底解決2時間SP」。

冬太りに悩むピンクの電話の清水よし子さんが
豆乳甘酒ダイエットに挑戦!

スポンサードリンク

なぜ冬太りしてしまう?

毎年この時期になると私たちを襲う冬太り。

太りやすいと思われる冬ですが、
横浜国立大学人間科学部の田中英登教授によると
実は気温が低い冬は代謝がもっとも
上がると言われているそう。

代謝とは、生命を維持するために
筋肉や内臓を動かしたり
体温を保つために使われるエネルギーのこと。

代謝の変動のグラフを見ると
冬は代謝が高いという結果に。

寒い冬は体温維持のため、
代謝が高くなるというのです。

ではなぜ「冬太り」してしまうのか?

田中教授によると
“冬太りの原因は
ぬくぬく暖房生活による
代謝の低下にあり!”

食べ過ぎや運動不足が
主な原因ではあるのですが、
エアコンやこたつなどに
頼り切る生活によって、
冬でも代謝が上がらなくなっているのも
原因のひとつといいます。

だからといって暖房ゼロの生活は無理ですね。



代謝とは?

そもそも代謝には3種類あります

①基礎代謝
生命を維持するためのエネルギー消費

②運動による代謝(生活活動代謝)
家事など生活の中で体を動かすことも含む

③食事による代謝(食事誘導性熱代謝)
消化・吸収・分解時にエネルギーを消費

そこで今回、食事による代謝で
太りにくい身体を作ります。

その飲み物が「豆乳甘酒」なのです。

豆乳甘酒→無調整豆乳と米麹の甘酒を混ぜ合わせたもの



スポンサードリンク



豆乳甘酒が代謝を上げるメカニズム

豆乳の「たんぱく質」
エネルギーになる栄養素の中でも、
効率よく食事による代謝を上げてくれる。

しかも豆乳のたんぱく質は植物性で、
コレステロールはゼロ、
動物性たんぱく質と比べて
100gあたりのカロリーは46キロカロリーと低く、
ヘルシー。

甘酒に多く含まれる「ブドウ糖」
豆乳のたんぱく質の代謝アップ効果を
より強力にさせてくれるのが「ブドウ糖」。
ブドウ糖は素早く吸収され、脳のエネルギー源に。

糖類で脳のエネルギー源になるのはブドウ糖だけ。

すると脳が活性化され、
脳が代謝の指令を的確に出せるようになる。
つまりブドウ糖は代謝を上げる、
いわば「着火剤」なのです。

中でも米麹の甘酒はノンアルコールで、
栄養価が高い発酵食品。


豆乳甘酒の作り方

【豆乳甘酒のレシピ】

『材料』
無調整豆乳→130ml

米麹の甘酒→大さじ3杯

『作り方』
1.無調整豆乳と甘酒を混ぜる

2.500wの電子レンジで1分半温めればできがり!

作るのが面倒な方は
こちらはどうでしょうか?↓

いつ飲むのがいいのか?

朝食に豆乳甘酒を摂取することが、
スムーズに代謝を上げ、
1日を通して代謝を高い状態にキープすることに
つながるといいます。

そこで番組では朝食の際、
主食のご飯やトーストを
豆乳甘酒1杯に置き換えて飲むだけで、
朝から代謝をアップさせられるのか検証。


豆乳甘酒生活と結果!

【「豆乳甘酒生活」のルール】
・豆乳甘酒を1日1杯、
朝食の主食を豆乳甘酒に置き換える

・期間は15日間

・それ以外は普段通りの生活

ピンクの電話・清水よし子さん(58)と
一般被験者3名が15日間の
“豆乳甘酒の置き換え”ダイエットに挑戦!

【測定結果!】
清水よし子さん
体重:60.9kg→59.2kg
ー1.7kg!

お腹周り:95cm→92cm
ー3㎝!

体脂肪率:31.5 → 30.1
-1.4%

内臓脂肪は約1割減少。

着られなくなった洋服も着られるように。

ほかの3人も全員冬太りが改善していました!



まとめ

甘酒の記事↓
【あさイチ】美容や健康にいい!簡単甘酒の作り方!アレンジ甘酒のレシピ

【あさイチ】飲む点滴!甘酒の栄養や健康効果



この日の冬のお悩み 徹底解決2時間SPの記事↓
【その原因Xにあり】インフルエンザ対策にほうじ茶と腹式呼吸でNK細胞を活性化

【その原因Xにあり】疲労回復に塩ゆずのレシピ!副腎ホルモン「DHEA」を増やす

【その原因Xにあり】太らないあずきカレーのレシピ!らっきようも

スポンサードリンク

コメントを残す

Print This Post Print This Post
サブコンテンツ

このページの先頭へ