【その原因Xにあり】太らないあずきカレーのレシピ!らっきようも

カレー

2017年1月13日放送の「その原因、Xにあり」は
「冬のお悩み 徹底解決2時間SP」。

太らないカレーの裏ワザレシピの紹介!

スポンサードリンク

カレーはなぜ太る?

カレーの主役は食欲をそそる
スパイシーなカレールー。

しかし多いもので4割が小麦粉でできているため、
ご飯とカレーを合わせると
そのほとんどが炭水化物ということに。

炭水化物はなぜ太る?
北星クリニックの島野雄実先生によると、

炭水化物は消化されて小腸から
糖として血液中に吸収されます。

吸収された糖は一定量までは
すぐに使える形として
筋肉や肝臓に蓄えられますが、
大量に炭水化物が入ると使い切れない分が
脂肪になり体に蓄積されるのです。



太りにくいカレーとは?

北海道立総合研究機構の加藤淳先生は
「太りにくいカレーに必要な食材はあずき!」
といいます。

太っちゃうカレーライスの原因は
あずき不足にあり!

インド料理のひよこ豆のカレーのように
実は豆とカレーは相性抜群。

でもなぜあずき?
実はあずきの2つの成分が
太りにくいカレーにしてくれるのです

【1つ目:ポリフェノール】
炭水化物はそのままでは
体内に吸収できないため、
消化酵素の働きでブドウ糖などに
分解してから吸収されます。

あずきのポリフェノールは
消化酵素の働きをブロック。
糖に分解、吸収されるのを抑制。

【2つ目:サポニン】
コレステロールや中性脂肪の生成を
抑制。



あずきの摂取方法のポイント

ポリフェノールやサポニンは
水に溶ける成分なので、
あずきと煮汁を一緒に食べることが大切。



太らないあずきカレーのレシピ

【あずきカレーのレシピ】

『作り方』
1.鍋に小豆と水を入れ火にかける。
あずきは1人分50g

スポンサードリンク

※ あずきは事前に水に浸ける必要なし

2.沸騰したら弱火にして30分煮込む。

3.炒めた具材とあずきを煮汁ごと煮込む。

4.カレーのルーを入れればできあがり!


もう1つ太りにくいカレー裏技

カレーライスの付け合せの定番食材の
らっきょうをトッピング。

らっきょうに含まれている食物繊維が
腸の働きを活発にして
太りにくい身体にします。

らっきょう(普通サイズ)約3個がおススメ。

しかしここにもポイントが。
らっきょうに含まれる食物繊維は水溶性のため、
ほとんどが甘酢に溶け出してしまっています。

なのでらっきょうの汁(甘酢)をかけることで、
その成分を無駄にせず、
より太りにくいカレーライスにできます。

※らっきょうの汁の量はスプーン2杯が目安!

スタジオで食べていましたが、
らっきょうのお汁がかかっていても
全然気にならないようです。

まとめ

この日の冬のお悩み 徹底解決2時間SPの記事↓
【その原因Xにあり】インフルエンザ対策にほうじ茶と腹式呼吸でNK細胞を活性化

【その原因Xにあり】疲労回復に塩ゆずのレシピ!副腎ホルモン「DHEA」を増やす

【その原因Xにあり】清水よし子が豆乳甘酒ダイエット!15日間で-1.7kg

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ