【世界一受けたい授業】HOTクッキングのレシピ!漬け物ステーキやピーナッツごはん

2017年1月14日放送の「世界一受けたい授業」の
「アツアツで栄養アップ!
熱を操れHOTクッキング!」

柿トースト、焼き梅干し、漬け物ステーキ、
もずくコロッケ、ピーナッツごはんのレシピ!

スポンサードリンク

加熱すれば栄養がアップする冬の料理

教えてくれるのは女子栄養大学講師の
白野浩子先生。

普段は加熱しないものに熱を加える事により
栄養価があがったり食感が変わったりします。



HOTクッキングのレシピ

【柿トーストのレシピ】

『材料』
柿→1/2個
ピザ用チーズ→適量
食パン→1枚

『作り方』
1.柿を薄く切り、食パンの上に並べる

2.①の上にピザ用チーズをのせる。

3.1000Wのトースターで3分焼けば
できあがり。


※柿は加熱することで甘さが濃厚になり、
リラックス効果のあるGABAや
血行をよくするシトルリンなどの栄養価がアップ。



【焼き梅干しレシピ】

『材料』
梅干し→適量

『作り方』
1.コンロに網をのせ、
その上に梅干しをのせて6~7分、
焦げ目が付くまで焼く

※梅干しを焼くと、クエン酸の一部が糖質が結びつき、
動脈硬化や高血圧の予防に役立つといわれる
ムメフラールが作られます。
1度加熱してできたムメフラールは
冷やしてもなくならない。



【漬け物ステーキのレシピ】

飛騨高山地方の家庭料理

脇役から主役に早変わり!

『材料』(3~4人分)
白菜の漬物→1パック
卵→2個
ごま油→大さじ1
塩→少々
こしょう→少々

『作り方』
1.フライパンにごま油をしき、
白菜の漬物を中火~強火でよく炒める。

2.①に塩、コショウで味を調える

3.白菜がしんなりしてきたら、
弱火にして溶き卵を入れる

スポンサードリンク

4.周りが固まってきたらできあがり!

※漬物は乳酸菌が含まれているので
加熱することで腸内の温度が上がり、
腸内の乳酸菌の働きがよくなります。



【もずくコロッケのレシピ】

『材料』(3~4人分)
もずく→170g
ジャガイモ→2~3個
豚ミンチ→ 60g
塩→適量
コショウ→適量
しょう油→小さじ2
小麦粉→適量
卵→適量
パン粉→適量

『作り方』
1.じゃがいもは皮がついたままゆで、
皮をむき、粗熱をとる。

2.①を形が残らないくらいにつぶす

3.豚ミンチ肉を塩・こしょうで炒める(少し濃いめが良い)

4.もずくにしょう油で味付けする
(もずくの水分が多い場合は事前にきっておく)

5.②のじゃがいもに、③の豚ミンチ肉と
④のもずくを加え、混ぜ合わせる

6.形を整えて、小麦粉→卵→パン粉の順番にまぶしたら、
180度にした油できつね色になるまで揚げればできあがり!

※もずくに含まれるフコイダンが血流を良くしたリ
血糖値の上昇を抑えてくれる。

また、加熱することで、
もずくからフコイダンが出ていくので
より多く摂取できます。

さらにモズクはビタミンCが
含まれていないため
ビタミンCが豊富なジャガイモとの組み合わせは
とてもよい。



【ピーナッツごはんのレシピ】

『材料』(3~4人分)
米→2合
水→400ml
ピーナッツ→ 80g
コンソメ→小さじ2
酒→小さじ2
しょう油→小さじ1

『作り方』
1.米をとぎ、400mlの水につける

2.酒、しょう油、塩、コンソメを①に加えて混ぜる

3.ピーナッツを②に入れ、1時間置く

4.炊飯器の通常モードで炊けばできあがり!

※ピーナッツの薄皮には
ポリフェノールが多く含まれていて、
老化を遅らせる抗酸化作用が働きます。

※加熱することで、薄皮の苦みがなくなり
食べやすくなります。

続きは別記事で

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ