【相葉マナブ】三浦大根レシピ!大根めし、豚大根、ピーラー鍋ほか

ピーラー大根鍋のレシピ

2017年1月15日放送の「相葉マナブ」は
「ニッポンのブランド食材を学べ!」

今回のブランド食材は「三浦大根」

大根めし、豚大根、大根フライ、
大根のピーラー鍋のレシピを紹介!

スポンサードリンク

三浦大根の秘密

冬に旬を迎える野菜というと大根。

今回はその中でも「三浦大根」
のおいしさの秘密を学びます。

三浦大根は大きいものだと約60センチ、
重さ6キロにもなるという巨大大根。

尻にむかって太いので、
抜くのも少しコツがいるとのこと。

左右にゆすって抜くとよい。
抜くにも手間がかかるとのこと。

三浦大根は水分量が多いそうです。
三浦大根は葉の面積が広いので
養分をたくさん作れます。

三浦大根は、みずみずしいので
日持ちがしにくく、流通にむかないため、
スーパーにほとんど並ばないそうです。

ほぼ三浦市以外では手に入らない
稀少価値の高い村大根。

最高ランクは、4kgごえで
1本500円ほどで販売されるそうです。

大根農家の吉田さんから
大根料理を教わります。

真ん中が一番おいしく、
首元は固いので大根おろしに。

尻側は苦いので味噌汁が良いとのこと。



大根農家の絶品レシピ

【大根めしのレシピ】

『材料』(4人分)
三浦大根 →200g
米 →2合
大根のしぼり汁 →180ml
水 →180ml
塩 →小さじ1/2
     
(葉としらすの炒めもの
4の部分)  
三浦大根の葉 →200g
ごま油 →大さじ2
しらす →30g
塩 →小さじ1/2

『作り方』
1.研いだお米に大根のしぼり汁と
水、塩を入れて炊く。

2.一番おいしい大根の真ん中を使用。
皮をむき、1cm角に切り、
柔らかくなるまでゆでておく。

3.大根の葉の柔らかい部分を
さっとゆでて、細く刻む。

4.フライパンにごま油を温め、
刻んだ大根の葉としらすを炒め、
塩で調味する。

5.炊き上がったご飯に②のゆでた大根と
④の炒めたものをいれ、
混ぜ合わせればできあがり!


スポンサードリンク



【豚大根のレシピ】

豚大根のレシピ

『材料』(4人分)
三浦大根 →300g
にんじん →100g
豚肉(薄切り) →200g
水 →500ml
醤油 →大さじ3
砂糖 →大さじ2
みりん →大さじ1
片栗粉 →大さじ1
(同量の水で溶く)

『作り方』
1.大根、にんじんは一口大の乱切りにし、
20分ほど下ゆでをしておく。

2.豚肉は食べやすい大きさに切っておく。

3.鍋に下ゆでした大根と人参、水、しょうゆ、
砂糖、みりんを入れ中火にかける。

沸いてきたら豚肉を加えて弱火にし、
20分ほど煮る。

※テレビでは調味料を入れる前に
豚肉を入れていて、豚肉の色が変わったら
調味料を入るとのことでした。

4.大根が柔らかくなったら
水溶き片栗粉を入れて
とろみをつけたらできあがり!

※三浦大根は柔らかいのに煮崩れしにくく
煮物には最適。



【大根フライのレシピ】

『材料』(4人分)
三浦大根 →輪切り8枚
ハム →4枚
スライスチーズ →4枚
塩、コショウ →各少々
小麦粉 →適量
卵 →1個
パン粉 →適量
サラダ油 →適量
     
ポン酢、醤油、ソース(お好みで)  

『作り方』
1.大根を5mm程度の厚さで輪切りにし、
透き通るまでゆでる。

2.ゆでた大根に塩、コショウを振り、
小麦粉をつけてハムとチーズを挟む。

3.周りにも小麦粉をまんべんなくつけ、
溶き卵、パン粉の順につけ、
サラダ油で揚げればできあがり!



【大根のピーラー鍋のレシピ】

ピーラー大根鍋のレシピ

『材料』(4人分)

三浦大根 →お好みの量
水菜 →1/2束
手羽元 →4~6本
昆布だし →1L

(A)
酒 →50ml
みりん →50ml
塩 →小さじ1+1/2
おろし生姜 →小さじ1
     


片栗粉 →適量
ゆずの皮(あれば) →少々

『作り方』
1.大根はピーラーで薄くリボン状にスライスし、
半量は片栗粉をまぶす。
※くずきりのようになる

水菜は食べやすい長さに切っておく。

2.土鍋に昆布だしと手羽元を入れ
10~15分中弱火にかける。
あくが出れば取る。

3.②のだしに(A)を入れて煮立てる。

大根と水菜を入れ、
刻んだゆずの皮をのせればできあがり!


まとめ

その他の目利きやレシピはこちらから↓
相葉マナブ

スポンサードリンク

コメントを残す

Print This Post Print This Post
サブコンテンツ

このページの先頭へ