【主治医が見つかる診療所】もち麦でダイエット!もち麦 鶏スープのレシピ

大麦

2017年1月16日放送の「主治医が見つかる診療所」は
「正月太りを解消!脳をリセットして痩せるぞSP」

もち麦でダイエット!
もち麦 鶏スープのレシピも

スポンサードリンク

やせやすい体になれるちょい足し食材

やせやすい体になれる1万年の歴史を誇る
ちょい足し食材。

なかなか落ちにくい内蔵脂肪を減らすのに
効果的な食材があると聞いてやってきたのは
東京慈恵会医科大学附属病院。

宇都宮一典医師が今注目しているのは大麦。
その中でも特にもち麦に注目しているといいます。

もち麦は食感が白米に近く食べやすい。

東京慈恵会医科大学附属病院では
病院食にもち麦を使用し、
生活習慣病の予防に効果的と人気に。

もち麦とは

大麦の一種で、もちもちした食感があり、
βグルカンをはじめ、豊富な栄養素を含んでいます。

βグルカン(水溶性食物繊維)は体に
有効なさまざまな働きをしてくれます

1.体内に入ると水分を吸収して、
ゼリー状に変化。
腸内でコレステロールを捕まえる事で、
コレステロールの吸収を抑える。
→動脈硬化の予防につながる

2.インスリンの過剰分泌を抑えるため、
肥満の防止につながる。

もち麦のオススメの食べ方

もちもち麦レシピ①
【モチモチ麦ごはん】

『材料』


もち麦

『作り方』
米、もち麦を同じ割合にして炊く。
βグルカンを十分に摂れて、
しかも美味しく食べられる割合

スポンサードリンク

ポイントは白米に比べて倍の水が必要。

白米1合+もち麦1合の合計2合炊く場合
・白米1合に対する水の量は180ml
・もち麦は、重さの倍の量の水が必要

もち麦1合は約150gなので水の量は300ml
白米一合+もち麦一合に必要な水=約480ml

※もち麦は吸水性が悪いため、
最低30分は水に浸けておくと良い

※茶碗一膳のもち麦ご飯で
1日に必要なβグルカンが摂れる。

【美味しく簡単に続けられるオススメのもち麦摂取法】
①もち麦を約20分ゆでる
※ゆですぎるとβグルカンが溶け出てしまうので注意

②小分けにしてラップに包み、冷凍保存する

※冷凍庫で約2週間は、美味しく保存可能です。



冷凍もち麦を使ったちょい足しレシピ

 

【万能!もち麦ドレッシングのレシピ】

『材料』

醤油
砂糖
ゴマ油

『作り方』
酢2、醤油2、砂糖1、ゴマ油1の割合で
混ぜ合わせ、レンジで半解凍した冷凍もち麦を加える

※ゆでたてのもち麦を使用してもOK

※市販のドレッシングにもち麦を混ぜるだけでもOK



【絶品!もち麦 鶏スープのレシピ】

『材料』
冷凍もち麦
鶏モモ肉
野菜(お好みで)

コショウ

コンソメ
オリーブオイル

『作り方』
1.オリーブオイルで鶏肉を炒め、
野菜を加えてさらに炒める

2.水とコンソメを加え、一度沸騰させる

3.沸騰したら弱火で約5分煮込む

4.火を止める直前に冷凍もち麦を入れて
よく混ぜればできあがり!

もち麦はパスタのソースにもち麦をちょい足ししたり、
味噌ダレにもち麦をちょい足ししたり
様々な食べ方ができます。。

もち麦には米をしっかり食べたような満足感が
あるとのことです。

もち麦で脳をだまして
美味しく内臓脂肪をリセットしましょう。


まとめ

この日の正月太りを解消!
脳をリセットして痩せるぞSPの記事↓

【主治医が見つかる診療所】腹筋・二の腕の5秒間エクササイズ!脳をだましてやせる

【主治医が見つかる診療所】1日3分のマインドフルネスで自然とやせる! 瞑想方法

スポンサードリンク

コメントを残す

Print This Post Print This Post
サブコンテンツ

このページの先頭へ