【主治医が見つかる診療所】1日3分のマインドフルネスで自然とやせる! 瞑想方法

正座でダイエット

2017年1月16日放送の「主治医が見つかる診療所」は
「正月太りを解消!脳をリセットして痩せるぞSP」

1日3分マインドフルネスをすることで
やせやすい体に!

スポンサードリンク

マインドフルネスとは?

1日3分座って脳をリセットし
やせやすい体になれる方法があるとのこと。

鎌倉山の住宅街にある建物で
心療内科・神経科の貝谷久宣先生が座禅を指導。

こちらではマインドフルネスと呼ばれる
瞑想法が行われていました。
医療でも使われている瞑想法。

マインドフルネスは座禅がルーツ。

アメリカで座禅の健康効果が研究され
瞑想することで脳神経の活動が整って精神が安定し
不安や怒りなどの感情が上手にコントロール
できるようになると分かり注目を浴びました。

宗教色を除いて
座禅の健康効果に注目した瞑想法が
マインドフルネス。

スポンサードリンク

欧米ではマインドフルネスが一般的に広がっています。
日本でも心理療法として活用されています。

マインドフルネスを毎日続ける事で、
自律神経が安定すると
内臓の働きが正常化、
さらにストレスなどによる食べ過ぎなども減り、
自然と、やせやすい体になっていくといいます。



マインドフルネスのやり方

1日3分間で脳をリセット
やせやすい体を作るマインドフルネス

【マインドフルネスのやり方】

1.お尻の下にクッションを敷き、
足を外に出してあぐらを組んで楽に座る

座禅のように組めない場合はあぐらでもOK

※背筋をしっかり伸ばす

2.両手は自由な形でヒザの上にゆったりと置く

3.目は閉じていても開けていてもOK

4.腹式呼吸をする
鼻から息を吸い、
吐く時は倍ほどの時間をかけて、
鼻からゆっくりと吐く

※お腹に息を溜めていくイメージで、
鼻から息を吸い、
吐く時は、お腹をへこませるようにして、
できるだけゆっくりと、鼻から吐いていく

※頭の中で呼吸を実況中継するイメージで
意識を集中します。
(息が出ていく出ていく…といった感じ)

腹式呼吸は肺の呼吸と比べて
酸素量が増えるため
血流が良くなり代謝がアップします

また、倍ほどの時間をかけて、
鼻からゆっくりと吐くことで
自律神経が安定してきます。

自律神経が安定することで
胃腸が本来の働きをして
食事の量も安定し、
痩せやすい体になります。



まとめ

この日の正月太りを解消!
脳をリセットして痩せるぞSPの記事↓

【主治医が見つかる診療所】もち麦でダイエット!もち麦 鶏スープのレシピ

【主治医が見つかる診療所】腹筋・二の腕の5秒間エクササイズ!脳をだましてやせる

スポンサードリンク

コメントを残す

Print This Post Print This Post
サブコンテンツ

このページの先頭へ