【主治医が見つかる診療所】ファスティング(プチ断食)でやせる!湯山玲子が体験

果物ドリンク

2017年1月16日放送の「主治医が見つかる診療所」は
「正月太りを解消!脳をリセットして痩せるぞSP」

ファスティング(プチ断食)を
湯山玲子さんが体験!

スポンサードリンク

ファスティングとは?

ダイエットを成功させるには
脳をリセットさせることが大切。

そこで脳をリセットして
痩せやすい体に変身する
週末に行うプチ断食。

湯山玲子さんは以前番組で人間ドックを受診した際、
さまざまな病気になる危険性を指摘されました。
その大きな原因はメタボにあるといわれたのでした。

淡路島にある五色県民健康村健康道場で
笹田信五先生と対面。

笹田信五先生は健康医学・心療内科の医者。

絶食療法(ファースティング)―淡路島健康道場の試み

今回はファスティングという
断食療法を体験します。

笹田医師の医学的断食療法

・空腹感がない
・つらくない
・最後はさわやかになる

誰でも無理なく痩せやすい方法だと
ファスティング(断食療法)は
現在注目されています

五色県民健康村健康道場は1982年に設立され、
国内唯一の公的断食施設。

ファスティングを体験

ファスティングスケジュールは
通常は最短で3泊4日なのですが、
湯山玲子さんは仕事の都合で、
2泊3日で特別に短縮して体験。

まずは事前に健康状態をチェックします。

血圧測定・心電図検査・血液検査・尿検査など行い
身長・体重などを測ります。

特に問題がなければ
ファスティングを行うことができます

【3日間のファスティングのルール】
・医師が指示するまで食べ物を摂らない
・毎日2リットル異常の水かお茶を飲む

【1日目】
入所初日のお昼、湯山玲子さんは食堂で
ブルーベリー味特製ジュース(100kcal)を飲みました。

飲んだ湯山玲さんの感想は
「薄いちょっとブルーベリー味の香りがある砂糖水。
ジュースではない。」

薄味で満足感を感じられないこの飲み物の材料は
ほんの少しのジャムに低脂肪乳・脱脂粉乳
ビタミン剤などを加えた笹田医師特製
ダイエットジュース。

必要最低限の栄養しかふくまれていない
このジュースが脳のリセットに重要だといいます。

そして3日間のファスティングがスタート。

特別室の料金は1泊1万9400円(復食代などを含む)

5人部屋は1人1泊1万300円(復食代などを含む)
※検査料などは別料金

安全のためインターホンも
部屋は24時間健康相談室につながっています。

午後2時に休憩。
午後5時に夕食、昼と同じ特製ジュース(オレンジ味100kcal)
味はオレンジ味ですが濃さなどは同じ。

スポンサードリンク

しかし湯山玲子さんの脳はリセットされていた。

「濃厚。濃くて甘い。」

材料は変えてないのに
6時間後の夕食では味に変化が出て
より美味しく感じるようになったと湯山玲さん

味覚の変化こそ
脳がリセットされ始めた証拠だと笹田医師

ファスティングで食事を抜くと
血液中の糖分が減少。

体の細胞が飢餓状態になり
甘みに敏感になります。
これが味覚の変化。

糖分がなくなると
細胞は生き残るために

たくわえていた脂肪を
エネルギー源として
消費するようになっていく。

血液中の糖分がなくなれば
脂肪が燃焼し始めるのです

これがファスティングによって
やせるしくみ。

また、ダイエットのリバウンドの原因は
つらい記憶が脳に刻みこまれていること。

ダイエットは心地よいという記憶だけを
脳に残すことがリバウンドを防ぐことに有効で
リラックスする事も大切。

【2日目】
2日目、午前7時半。
この日の朝食も特製ジュース(糖密味 100kcal)一杯のみ。

おいしいそうです。
お腹も空いていないとのこと。

午前9時に医師が診察。
湯山玲さんはとにかく眠いとのこと。

ファスティングの初期には
眠気を感じることが多いそうです。

ファスティングを開始してから20時間もすると
体内に残っていた糖が無くなります。

脳のリセットが始まって
強い眠気を感じるようになってくるそうです。
午前9時30分。
そのまま仮眠。

午前11時半に2日目の昼食
特製ジュース(イチゴ味 100kcal)

「すごい濃厚」と湯山玲さん。

その後、湯山玲さんは読書をして
くつろいだ後に仕事をこなした。

この時体のリセットが始まり
脂肪が分解されはじめている
といいます。

細胞が脂肪を分解するようになると
ケトン体が作られます。
ケトン体は脳のエネルギーとなり
脳の動きを活発にします。

湯山玲子さんも一日で体重にも変化が現れました。

ファスティング前は72.1kgだった体重が
2日目の午後には体重70.5kgに
-1.6kgの減量。

他の参加者に話を聞くと
体重が減りリバウンドなしだという。
脳をリセット出来るとリバウンドしない。

2日目の午後5時。

前半の断食期間が終わり
復食期間で食事再開。
五分粥と肉じゃがなど、夕食は322kcal。
味はかなり薄味。

「おいしい」と湯山さん。

絶食により薄味の美味しさがわかり
最低限必要な食事の量も体で覚えられる
といいます。

【3日目】
3日目午前7時半、最終日は朝食の前に血液検査。
診察をうけ牛乳、パンとスープなど、
322kcalの朝食。

昼食は野菜中心のヘルシーランチ。
そして3日間のファスティングは終了。


ファスティングの結果

体重は72.1kg→70.1kgと
3日間で2kg減ったのでした。

食事を再開しても脂肪を燃やしているので
痩せることができるのです

さらに驚くべきは中性脂肪。
487→356と大幅に改善されたのでした。



ファスティングのポイント

1、味覚をリセットして薄味に慣れる
2、食欲をリセットして少食に慣れる
3、代謝をリセットしてケトン体を作り脂肪を燃やす

ファスティングは
無理なく痩せることができます。

南雲先生によるとファスティングは
若返りにも効果的で
体の調子も良くなるそうです

また秋津壽男先生は本格的な断食は
専門施設で行うべきで、
家庭でやる場合は1食抜きのプチ断食などが
いいとのことです。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ