アグネス・チャンのレシピ!里芋と手羽先の煮込み&サツマイモのスープ【スイッチ】

アグネスの煮込みのレシピ

2017年1月16日放送の「スイッチ」で
「アグネス流 美容&健康法」がとりあげられました。

アグネス・チャンさん直伝のレシピや
アグネス体操を紹介!

スポンサードリンク

アグネス流 美容&健康法

アグネスさんは3人の息子のお母さんでもあり、
いくつもの料理本を出すほど料理が
好きなのだそうです。

アグネス流エイジング 薬膳デトックス



アグネスさんに料理で気を付けていることを聞くと…。

いろいろなものを食べることで
内臓が強くなる。

五色→赤・黄・白・黒・青(緑)
五味→甘い・しょっぱい・すっぱい・苦い・辛い

五色五味は食べものの色と味を
それぞれ5つに分類。

その組み合わせで
内臓の働きを助けるといわれています。

元気になれば若々しくいられるとのこと。

今の時期は体が温まる料理がおすすめとのこと。

アグネス流美肌レシピ

【サトイモと手羽先の煮込み】

アグネスの煮込みのレシピ

里芋は五色五味でいうと
「白色」→大腸の働きを助ける、
「甘」→滋養強壮
この時期風邪予防にもぴったり。

手羽先は美肌効果があるとされる
コラーゲンがたっぷり。

『材料』(4人分)
手羽先→8本

サトイモ→8個

シイタケ→4つ

サラダ油→大さじ1

しょうゆ→大さじ1と1/2

(A)
しょうゆ→大さじ1/2

塩 →小さじ1/3

コショウ→少々

サラダ油→少々

『作り方』
1.手羽先にAをからめておく。
※油も下味の段階で入れます

2.シイタケを一口大に切り、
サトイモはよく洗い、皮をむいておく。

3.鍋にサラダ油を熱して手羽先を入れ、
表面に焼き色がついたところで、
シイタケとサトイモを加えて炒める。

4.③の鍋に材料がかぶる程度に
水を入れてしょうゆを加え、
強火で15分煮込む。

5.煮立ったら灰汁をとり、中火にして煮込み、
サトイモがやわらかくなったらできあがり



スポンサードリンク



【サツマイモの糖水のレシピ】

寒い冬におすすめ
さつまいものスープ

さつまいもは
「黄色」→胃の働きを助ける
「甘」→滋養強壮

さつまいもは食物繊維やビタミンCが豊富で、
美肌食材とも言われている

材料(4人分)
サツマイモ→1本

氷砂糖→50グラム

水→5カップ

『作り方』
1.サツマイモの皮を少し残しながらむいて
1.5cm角くらいのサイコロ状に切る

※皮に栄養があるため

2.①のサツマイモを、
たっぷりの水が入った鍋にいれ、火にかける。

3.煮立ってきたら弱火にして、
サツマイモの角がくずれそうになるくらいまで
煮る。

4.やわらかくなったら、氷砂糖を加えて
味をととのえてできあがり!



ひなげし体操

若さと健康を保つ体操。

アグネスさんのヒット曲「ひなげしの花」
の曲に合わせてする体操で
松本大学の根本賢一教授が
作ってくれたそうです。

文章ではわからりずらいと思いますが
一応紹介します。

・かかと上げ(伴奏)
①両手を上げ足を交互に出す
②縄跳びをするようにジャンプ
③手をクロスしてスクワット

スポンサードリンク

コメントを残す

Print This Post Print This Post
サブコンテンツ

このページの先頭へ