【その原因、Xにあり!】夜間頻尿の改善にごろ寝足上げのやり方!

トイレ、頻尿

2017年1月20日放送の「その原因、Xにあり!」は
「夜間頻尿&頬のたるみ&背中の痒みを解決/太らない唐揚げ」


その中の、”ごろ寝足上げ”で夜間頻尿を改善の紹介!

スポンサードリンク

夜間頻尿の原因

睡眠中に排尿で1回以上目が覚める夜間頻尿。

約882万人が夜間頻尿に悩まされています。

一般的に夜間頻尿の原因は、冷えや加齢による
膀胱の筋力低下といわれていますが、
国立長寿医療研究センターの吉田正貴先生は、
それだけでなく、
「冬のあったかメニューにある」といいます。

ある調査によると食べ物は、
熱ければ熱いほど塩気を感じにくくなるとのこと

現代人は塩分を摂り過ぎている傾向があるため、
厚生労働省は1日の目標摂取量は男性8g・女性7gと
なっています。

しかし冬になると食べる機会が増える鍋、そば、シチューなど
には多くの塩分が含まれています。

寄せ鍋1人分の塩分量は約5.5g、
鍋焼きうどん1人分には約5.2g、
醤油ラーメン1人分には約11.9g。

実は体内に溜められる塩分量は決まっていて、
その量を超えると体は余分な塩分を
排出しようとします。

冬は夏に比べ汗をかかないため
尿として排出される量が増加。

日中出す分だけでは間に合わず、
結果的に寝ている間もおしっこに
行きたくなってしまうのです。

スポンサードリンク

夜間頻尿の改善法

夜間頻尿の改善法について、
吉田正貴先生は改善法は「ごろ寝足上げ」と
いいます。

【ごろ寝足上げのやり方】

1.ふくらはぎの下にクッションを敷く。

2.足を心臓より高くあげて20分寝るだけ。

吉田先生によると、身体の中で作られた水分は、
日中は足の方に溜まっているので、
就寝前に足を上げることによって溜まった水分を元に戻し、
尿として排泄するよう促すのだそうです。

「ごろ寝足上げ」を行うタイミングは、
体内の水分が尿になるには通常4時間程かかるため、
就寝の4時間前までに行います。

そうすれば日中出しきれなかった塩分を、
寝る前に排出することができます。
(夕食はその後摂ってもOK)



ごろ寝足上げの効果の検証

【ごろ寝足上げのルール】
・ふくらはぎの下にクッションなどを置き、
足を心臓より高く上げる

・1回20分

・寝る4時間以上前までに行う

・それ以外は普段通りの生活



【測定結果!】
この改善法を、夜間頻尿に悩んでいる
2名の一般被験者が検証。

夜間頻尿の回数の変化を見ると
減少傾向にあり、2名とも改善の兆し!


まとめ

この日のその原因、Xにありの記事↓
【その原因、Xにあり!】背中のかゆみの原因は肌カビ!対策、予防方法

【その原因、Xにあり!】頬のたるみ、ブルドッグフェイスはキスミ―体操で改善

スポンサードリンク

コメントを残す

Print This Post Print This Post
サブコンテンツ

このページの先頭へ