【主治医が見つかる診療所】朝起きてすぐの歯みがきでインフルエンザを予防!

歯周病

2017年1月23日放送の「主治医が見つかる診療所」は
「最新!冬の免疫力アップ法でインフル&感染症予防」

朝の歯みがきでかぜやインフルエンザを予防!

スポンサードリンク

朝起きてすぐの歯みがき

カゼやインフルエンザに大切な生活習慣と
いえばうがいや手洗いですが、
最近注目されているのが歯みがき。

呼吸器のスペシャリスト、川合医院(京都市)の
川合満先生。

川合先生によるとベストなタイミングで
歯をみがくのが効果的だといい、
それは朝起きてすぐだといいます。

スポンサードリンク

患者さんの500人以上の生活習慣の聞き取りで判明。

そして、朝起きてすぐの歯みがきを指導すると
インフルエンザ患者が激減したといいます。

ウイルスはふだんタンパク質で覆われている状態ですが、
口の中の細菌プロテアーゼがタンパク質を分解し、
ウイルスが体内に侵入しやすくなってしまう。

なのでその前に歯みがきで洗い流すといいのです。

就寝中は唾液が減り細菌も増加し、
そのまま朝食をとると口やのどにプ
ロテアーゼがくっつき、
ウイルス感染力も上がるといいます。

中山医師は、高齢の方は誤えん性肺炎で
ばい菌も気管に行ってしまうおそれもあるので
朝の歯みがきを実践してほしいと話したのでした。



まとめ

サタデープラスでもやっていました↓
【サタデープラス】朝の歯みがきでインフルエンザ予防!だし昆布をなめて唾液を出す

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ