【主治医が見つかる診療所】免疫力アップのキンカンのレシピ!インフルエンザを予防

みかん

2017年1月23日放送の「主治医が見つかる診療所」は
「最新!冬の免疫力アップ法でインフル&感染症予防」

免疫力アップのキンカンのレシピを紹介!

スポンサードリンク

キンカンで免疫力アップ

2015年、ある食べ物を毎日食べると
免疫力がアップするとの研究報告が
話題になりました。

食品栄養成分研究のスペシャリスト、
宮崎大学副学長の水光正仁農学博士によると、
その食べ物とは宮崎が生産量日本一のキンカン。

みかんより小さい柑橘類ですが、

キンカンに含まれる
「βクリプトキサンチン」という物質が、
体内でウイルスなどを攻撃する、
ナチュラルキラー細胞の働きを活性化させる事が
分かったのです。

子どもの頃から食べ続けた水光博士は
60年間インフルエンザ知らず。

科学的に調べると
1日1~3個で効果があるとのこと。

キンカンを食べる効果的な食べ方は
皮ごと食べること!

キンカンの皮には甘みがあり、
中身はすっぱいので
そのまま食べると美味しくいただけます

また、免疫力をアップさせる
β-クリプトキサンチンは
キンカンの皮に多く含まれています。

熱を加えるとβクリプトキサンチンは
壊れてしまうため生食がオススメ。


ブランドきんかんたまたま

宮城県串間市の農園では
ブランドのきんかんが作られています。

それは高級ブランドきんかん「たまたま」

ネイハキンカンという品種で
・糖度が16度以上
・直径2.8㎝以上
・完熟まで210日以上
・傷がないもの

4つの基準をクリアしたものだけがだけが
“たまたま”として出荷されます。

スポンサードリンク



生でキンカンを摂取できるオススメレシピ

【キンカンサラダ】

『材料』
キンカン
葉野菜(お好みで)

ちりめんじゃこ
キュウリ

オリーブオイル

『作り方』
1.キンカンを輪切りにして、
種を取り細かく切る。

2.好きな葉野菜の上に、ちりめんじゃこ、
キュウリ、キンカンを乗せる。

3.オリーブオイルをかければできあがり!


【キンカンのちらし寿司】

『材料』(3人前)
米→3合

キンカン→20個程度

砂糖→大さじ5杯

塩→小さじ2杯

好きな具材

『作り方』
1.キンカンを角切りにしてしぼる。

2.キンカンのしぼり汁に砂糖と塩を混ぜる。

3.炊いたご飯にかけて全体を混ぜ合わせる。

4.好きな具材と細かく切ったキンカンの皮を
加えて混ぜ合わせればできあがり。



【キンカンバーガー】

通常のハンバーガーのピクルスがわりに、
厚く切ったキンカンを使用する。



【キンカンドリンク】

『材料』(2人前)
キンカン→5個

豆乳→150㎖

甘酒→150㎖

『作り方』
1.キンカンの種を取り、
適当な大きさに切ってミキサーにかける。

2.甘酒と豆乳を加え、さらに混ぜればできあがり!


主治医のキンカンの効果について

姫野先生は、九州ではお薬の飲めない妊婦が
キンカンで調子をととのえることもある、
皮ごと食べていいという簡単さがすばらしいといいます。

南雲先生は、小さい果物や野菜は、
皮の占める面積が大きいので、
トマトよりミニトマト、大きいみかんよりキンカン、
ぶどうでも大きい巨峰より小さいもの、
さらに色の濃いものの方が効果的といいます。

秋津先生は
普通の柑橘類は一般的には皮まで食べられないが、
キンカンは皮までおいしいのでおススメ。

安い時期にたくさん買って
砂糖漬けやハチミツ漬けにしているとのこと。
そうすると1年か楽しめるとのことです。



まとめ

この日の主治医が見つかる診療所の記事↓
【主治医が見つかる診療所】朝起きてすぐの歯みがきでインフルエンザを予防!

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ