【あさイチ】プロ直伝のおいしいコーヒーの淹れ方!ペーパードリップ&フレンチプレス

コーヒーの淹れ方

2017年1月24日放送のNHK「あさイチ」のスマートライフは
「違いのわかるいれ方 コーヒーを楽しむ」

ジャパン・バリスタ・チャンピョン直伝の
おいしいコーヒーのいれ方!

スポンサードリンク

バリスタの鈴木樹さん

 
ジャパン・バリスタ・チャンピョンシップ
最多の3度優勝。
世界大会に出場予定とのこと


ペーパードリップでの淹れ方

ペーパードリップでいれると
雑味がなくすっきりとクリアな味わいになります。

【用意するもの】
ペーパーフィルター
ドリッパー
サーバー

『淹れ方』
ペーパーフィルターは、底を少し折り、
裏返して側面の端を少し折る。

そうすると紙が安定して
動かなくなります。

ドリッパーにセットします。

300mlをいれる場合、
豆(中挽き)は20~25gが
おすすめ。

この量をペーパーの中に
平らになるように入れます。

お湯を沸かしドリップポットに移して
90~95度に冷まします。

お湯の適温は90~95℃で
苦みが抑えられマイルドになります。

スポンサードリンク

そして、中心から「の」の字を描くように細くお湯を注ぎ、
20~30秒蒸らす。

もう1度中央からゆっくりと注ぐ。

端のペーパーにかからないように。
でも全体にかかるようにお湯を注ぐ。

お湯が沈んで少なくなったら
再びお湯を注ぐ。

300ml入れたらお湯が残っていてもやめます。

抽出できたコーヒーはスプーンなどでかき混ぜて
全体を均一にしてからカップに注ぎます。



フレンチプレスでの淹れ方

鈴木さんがおすすめするのは
フレンチプレスを使う方法です。

初心者に向いているそうです。

紅茶をいれる道具として知られていますが、
もともとはコーヒーをいれるためのもの。

金属のフィルターを使っているので
コクのある香りのいいコーヒーに。

350mlのコーヒーをいれる場合、
豆は16g使います。

豆を入れて平らにします。

熱湯をそのまま半量ほど注ぎ、
30秒間ほど蒸らします。

※3層に分かれ、これがおいしさの目安

続いてお湯を縁から1.5㎝下まで入れ、
蓋をして3分間(30秒間蒸らしてから4分)待ちます。
フィルターを押し下げてカップに注ぎます。

日本茶のようにまわし注ぎをすると
均一に味になります。

スポンサードリンク

コメントを残す

Print This Post Print This Post
サブコンテンツ

このページの先頭へ