【得する人損する人】ウル得マンの大根レシピ!ブリ大根!羽根田卓也編

水島弘史シェフンぶり大根

2017年1月26日放送の
「あのニュースで得する人損する人」の
中の「ウル得マン30分クッキング」

短時間で数多くのメニューを作れる
スピード自慢の得損ヒーロー
「ウル得マン」こと“犬の心・いけや賢二”。

ここではブリ大根のレシピを紹介!

スポンサードリンク

ウル得マン30分クッキング

リオオリンピックでアジア初の銅メダルを獲得した、
羽根田卓也選手の実家(愛知県豊田市)へウル得マンが出張!

今回は冬が旬、でも意外とレパートリーが
少ない大根をつかって調理!

今回のメーン食材
→大根(2本)


ウル得ダレ(基本の和風ダレ)の作り方

【ウル得ダレ(和風ダレの)レシピ】

しょうゆ2:みりん2:砂糖1の割合で作る
特製黄金比の和風ダレ。

このタレから様々な料理を作ります。

『材料』
砂糖→1/2カップ

しょうゆ→200ml

みりん→200ml

『作り方』
1.砂糖としょうゆとみりんを1:2:2の
分量で鍋に入れ、煮立たせる。

2.煮立ったら、粗熱をとる。



ブリ大根の作り方

【④ブリ大根のレシピ】

『材料』
大根→5cm

ブリ→2切れ

ウル得ダレ→60ml

生米→小さじ1

顆粒だし(和だし)→小さじ1

サラダ油→大さじ1/2

しょうが→薄切り2~3枚

きぬさや→適量

『作り方』
1.大根(5cm)は皮をむいてを1cm幅の半月切りにし、
面取りする。

※皮はきんぴらに使います
大根の皮ごときんぴら

2.耐熱ボウルに①の大根が隠れるくらいの
水、生米(小さじ1)、 顆粒だし(小さじ1)
を入れ、ラップをして500Wの電子レンジで
7分加熱する。

スポンサードリンク

加熱後、きぬさや(適量)をボウルに入れ、
2分余熱で火を入れる。

大根に生米を入れて電子レンジで加熱することで、
大根に味を染み込ませる時短ワザ

米に含まれるでんぷんには、
大根に味を早く染み込ませる効果があり、

隠し包丁や竹串で大根に穴を開けなくても、
簡単に味を染み込ませることができる。

しかも、電子レンジで温めることで
通常20分はかかる大根の加熱が半分以下ですむため
煮崩れ防止にもなる。

3.ブリ(2切れ)を3~4等分(ひと口大)に切る。

4.フライパンにサラダ油(大さじ1/2)を熱し、
ブリを炒め、ウル得ダレ(60ml)と
しょうがの薄切り2~3枚を入れ、大根を加え煮ればできあがり!

※2段階の味付けが短時間で味が染み込んだようになるポイント
中に和風だし、外側に濃い味をつけることで
長時間煮込んだかのような味を再現。

この技ははカボチャの煮物や肉じゃがにも使えます。



【大根の面取りの得ワザの方法】
1. 大根を金属のザルに入れる。

2. ザル、またはボウルでフタをする。

3. 円を描くようにザルを回す。
水平に小さく激しく回すことがポイント。


まとめ

この日のウル得マンのブリ大根のレシピ↓

【得する人損する人】ウル得マンの大根レシピ!タコライス&大根モチ!羽根田卓也編

【得する人損する人】ウル得マンの大根レシピ!みぞれ鍋&ピクルス!羽根田卓也編

【得する人損する人】ウル得マンの大根レシピ!ウル得ダレ(和風ダレ)&大根の皮ごときんぴら

この日の得する人損する人のレシピ↓
【得する人損する人】超ヘルシーなシューマイレシピ!小池美由ことコスパー魔美

【得する人損する人】1週間たってもモチモチ!食パンの冷凍保存法

スポンサードリンク

コメントを残す

Print This Post Print This Post
サブコンテンツ

このページの先頭へ