【ビビット】おすすめの加湿器!乾燥対策&予防法

加湿空気清浄機

2017年1月27日放送の「白熱ライブビビット」の
「ビビットFOCUS」

おすすめの加湿器や
乾燥に対する対策&予防法の紹介!

スポンサードリンク

おすすめ加湿器

人体にも影響を及ぼすという乾燥。

冬の時期は乾燥する時期で、1月は東京では雨が降った日以外は
乾燥注意報が出ている状態。

乾燥はシミやしわ風邪やインフルエンザの要因となるだけではなく、
脳梗塞、心筋梗塞のリスクも上がるとのこと。

渋谷ロフトでは乾燥対策グッズがたくさん置かれています。

最近の人気の加湿器は
気軽に持ち運べてデスク周りや
ベッドサイドに置けるようなもの

【USB超音波式加湿器「たまご形」】

小形でインテリアにもなる卵型の加湿器。

熱くならないミストが出る超音波式。



【自然気化式加湿器「ちょこっとオアシスプラス」】

電気を一切使わず、
自然蒸発する水で周囲を潤してくれる加湿器。

キャップを開けてタンクに直接給水。
たったこれだけでジャバラ状のフィルターがぐんぐん吸水!
水分が自然気化して乾いた空気をやさしく潤します。



【超音波式ペットボトル加湿器「オーブ」】

水の入ったペットボトルに差し込み、
スイッチを押すだけ加湿器に。



【カドー加湿器 HM-C610S】

スポンサードリンク

最高の加湿器と言われているのが”カドー”の加湿器。
それは加湿と抗菌を両方すること。

独自開発した特殊なカートリッジを使用し、
タンクの水に含まれる不純物を抗菌し、
ウィルスや浮遊菌を抑制するミストを放出します。



美肌の専門医が教える保湿対策

美肌の専門医、シロノクリニック院長の
寺井美佐栄先生がオススメの乾燥対策は岩盤浴。

人間の皮膚には汗腺、汗が出すところとは別に
皮脂腺といって皮脂を出す部分があります。

岩盤浴に行くと汗に混じって
皮脂腺から皮脂が出ると言われています。

それが天然の保湿成分を
持っているのだそうです。

身体も温めてくれる上に、保湿にも効果抜群で
美肌によく、冬の乾燥対策におすすめ。



乾燥が病気の原因に

教えてくださるのは
秋津医院院長の秋津嘉男先生。

今年は例年より乾燥しているそうです。

以前は暖房といえば、炎が見える暖房でした。

ガスストーブ、火鉢、それから石油ストーブ。
炎が見えるということは、
燃えて一緒に水分ができています。
ですので加湿の必要がなかったのです。

今のエアコンや電気ストーブは
温度を上げるだけで湿度は全く上げないので
どんどん乾燥していってしまう。

あともう1つは、昔はすきま風というのがあって
どこかからウエットな風が入ってのです。

ところが今、ものすごい気密性が高いから
乾燥する一方で、循環がうまくいかないから、
それで以前より乾燥しやすくなっています。

ただ、部屋の湿度としては50~60%ほどに
保つとよいとされているんですが
乾燥の重要なキーワードとして
こういった言葉があります。
「不感蒸泄」(ふかんじょうせつ)。

不感蒸泄とは「呼吸」「粘膜」「皮膚」から
意識しないうちに失っている水分のこと。

不感蒸泄だけで1日900ml(約ペットボトル2本分)の
水分が出ています。

冬の時期は特に蒸発してしまい、
冬脱水という現象も起こるそうです。

そうなることで血管がつまりやすくなり
”脳梗塞””心筋梗塞”といった病気の要因
となってしまうのです。

また人が水分を貯められる量は決まっていて、
大人になるにつれて少なくなってしまうため。
高齢者、特に女性は要注意。

【乾燥の対策法】
①こまめに水分を取る
して水分を取ることが大切!

②鼻呼吸
鼻は複雑なデコボコがあり、それを通って呼吸することが
加湿器の役目をしてくれるのだそうです。

【体が乾燥するチェックポイント】

体の乾燥をチェックするポイントは以下の3つ!

①トイレ
トイレで尿をチェックし
色が濃かったら足りてない証拠です。

②口
水分がなくなると唾液の分泌も減ります。
口が乾くと脱水のサイン。

③鼻
朝起きた時に鼻がパリパリになっているのは
部屋が乾燥している証。
加湿器などで加湿を心がけます。

お風呂にオイルタイプの入浴剤を入れたり、
お風呂を出る時に
ワセリンなどの保湿剤を塗るなどすれば
乾燥が防げます。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ