【その原因Xにあり】足のむくみを大幅改善!巻き肩改善ストレッチ&腹式呼吸

2017年1月27日放送の「その原因、Xにあり!」の
「今夜のテーマは女性の大敵“むくみ”!」

足のむくみを
巻き肩改善ストレッチ&腹式呼吸で大幅改善!

スポンサードリンク

足のむくみの原因は「巻き肩」にあった!?

「足のむくみ」つまり足に水分がたまってしまうのは
「重力」のせいです。

足は体の下の方にあるので、
立ちっぱなしでいるとむくみやすいのです。

「顔のむくみ」と同様に、「足のむくみ」を改善するには
細胞の間に染み出した水分を回収する「静脈」の働きを
促すことです。

心臓をサポートするため、筋肉が動く時に静脈を推して
血液を心臓へ流しているのですが、
筋肉の働きが弱いとむくみが起こります。

しかしその他にも、ある原因で静脈が流れにくくなり、
「むくみ」を生んでいるとのこと。

北里大学医療衛生学部教授、
高平尚伸先生によると、足のむくみの原因は、
「巻き肩」にあるといいます


巻き肩とは?

背中が丸まった猫背の状態に加えて、
両肩が前に出て内側に巻き込まれているよう
な姿勢のこと。

高平先生によると、最近はスマホの操作や、
パソコンを使う時などに「巻き肩」になっている人が
増えているそうです。


「巻き肩」チェック

リラックスして立ち、両手を体の横に垂らす。

そのとき、正面から見て手の甲が身体の前を向き、
中指まで見えている人は「巻き肩」の可能性あり!

さらに、耳の穴と肩の中心を線で結んだ時、
垂直になっていない人も要注意です


巻き肩で足がむくむ理由

巻き肩になると、姿勢が悪い為、呼吸が浅くなり、
静脈の血液を良くする呼吸ポンプの動きが悪くなり、
むくみの原因になってしまうとのこと。



巻き肩改善エクササイズ

【巻き肩改善ストレッチ】

僧帽筋を伸ばすストレッチ。

1.手を前に組み、大きく息を吸う。

2.10秒かけて息を吐きながら、手を前に伸ばす。

スポンサードリンク

3.伸びきったらそのまま大きく2回呼吸する。



【大胸筋を伸ばすストレッチ】

大胸筋を伸ばすストレッチ。

1.手を後ろに組み、大きく息を吸う。

2.10秒かけてゆっくりと息を吐きながら腕を上げる。

胸を反らせて伸ばしながら肩甲骨を寄せるのがポイント。

3.そのまま大きく2回呼吸する。

つらい場合は、タオルを使ってもOK!



【巻き肩改善ストレッチのやり方】
・度に3セット
・1日2回
・悪い姿勢に気づいた時に行う



【腹式呼吸】

1.鼻から大きく息を吸い、
お腹に空気を入れるイメージで膨らませる。

2.空気が入ったら5秒以上かけて口から息を吐き、
お腹をへこませる。

3.1セット3分が目安。
1時間に1回など、こまめに行うと効果が出やすい。

※過度に行うと過呼吸になる恐れがあります。
体調に留意して行ってください。


【腹式呼吸のやり方】
・1セット3分間が目安
・1時間に1回など、こまめに行う



むくみ改善生活の結果

たんぽぽ白鳥久美子さんと一般被験者3名が
むくみ改善生活に挑戦!

朝の足の体積と夕方の体積を計測し比較。

その後2週間「巻き肩改善ストレッチと腹式呼吸」を行い、
ストレッチ効果を検証。

【検証前測定】
白鳥久美子
朝の両足の体積:6577ml
夜の両足の体積:6775ml

差が+198mlで、約200mlむくんだことになります。

2週間後
背筋が伸び、パッと見でも巻き肩が改善している様子が一目瞭然。

エクササイズ実践後は、
朝より夜の方が体積が減ったという驚きの結果に!

また、一般被験者の皆さん全員にも、
むくみ改善が見られました。


この日のその原因、Xにありの記事↓
【その原因、Xにあり】顔のむくみ改善法!ウンパニ体操のやり方

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ