【ジョブチューン】絶品イチゴ!美人姫&白いちごの天使の実

イチゴの世界

2017年1月28日放送の「ジョブチューン」は
「冬の大ヒット商品SP!」

その中の「イチゴ」について。

この冬、絶対食べてほしいイチゴを紹介!

スポンサードリンク

この冬食べたい!注目のイチゴ

冬に旬を迎える果物のいちご。
現在市場に出回っているものだけでも
100種類を超えるといういわれています。

その中から厳選3種類を紹介!
教えてくれるのは築地の青果問屋「定松」
フルーツの買い付け歴30年の牧正裕さん。



【岐阜県/美人姫】

『1粒最高5万円のいちご』

普通のいちごは大きさがだいたい20g以下なのに対して、
美人姫の基準は40gでとても大きい。

大きなものになると100gを超えるとのこと。
これは野球ボールほどの大きさで
1粒5万円にあります。

普通のイチゴは大きくなると大味になりがちですが
美人姫は大きくても甘い。

開発したのは奥田美貴夫さん。

通販では1万円台で購入できるものがあります。

もう少し小さいともっとお値打ちに買えます。

スポンサードリンク

奥田美貴夫さんは最高級のイチゴで、
食べた人は美人になれる可能性があると考え
美人姫を作ったそうです。

大きい秘密は花そのものが大きいので実も大きい。
13年かけて作り上げた品種なのだそうです。



【佐賀県/天使の実】

『超貴重な白いちご』

白いちご自体が非常に珍しいのですが、
この天使の実はその中でもとても個性的ないちごです。

ふつうの白いちごと比べると、
倍以上のとても大きな白いちご。

そもそも大きく育つ品種が少ない白いちご。
そんな中、天使の実は約60gと驚異的な大きさ。

香りも普通のいちごにはない、
ココナッツやメロンのようなトロピカルな風味があり、
おおきなものは1粒800円を超えます。

開発したのは井手重夫さん。



こちらは白イチゴの雪うさぎです↓

井出さんはより白くするために、
ハウスに紫外線カットフィルムを貼っているとのことです。



【佐賀県/咲姫】

『最高クラスの甘さを誇るいちご』

普通のいちごの糖度が10℃~12℃なのに対し、
咲姫の平均糖度は15℃以上。

高いものでは18℃を超え
100種類以上あるイチゴの中でも、
最高クラスの糖度。

12粒入りで2,300円。

開発者は中村和好さん、息子の中村弘太さん。

イチゴ開発者の中村弘太さんのぶっちゃけ。
咲姫を開発したきっかけは、「鉄腕ダッシュ」で
イチゴの品種改良をしているのをみて
TOKIOにできるならうちにもできると思ったため。

咲姫の甘さのヒミツを公開。
一般的なイチゴは甘さがピークになる前に
収穫して出荷するが
咲姫は完熟して収穫するので甘くなるとのこと。

ヒミツはカキの殻を使った肥料で実を固くすること。
一般的なイチゴより三が硬く完熟後でも痛みにくい。


イチゴの美味しい食べ方

イチゴの美味しい食べ方は生のイチゴを
常温で食べること。
食べる10分ぐらい前に常温に戻して食べると一番おいしい
と中村さん。

また先端が一番おいしいので
ヘタから食べると甘みが濃くなるとのことです。

スポンサードリンク

コメントを残す

Print This Post Print This Post
サブコンテンツ

このページの先頭へ