【世界一受けたい授業】レンコン甘酒で花粉症対策!2分で鼻づまりを解消

花粉症対策

2017年1月28日放送の「世界一受けたい授業」

今からやるべき花粉症対策を石井正則先生が伝授。

花粉が飛ぶ前から、花粉症の薬を飲み始めたり
レンコンを摂取。
鼻づまり解消法も紹介!

スポンサードリンク

花粉症患者が増加している

花粉は2月から飛び始め、増えていきます。

しかも昨年にくらべてスギ花粉が飛散量が増加するとの予想。

地域によっては7倍以上の花粉が飛散すると予想されています。

さらに近年子供の花粉症患者も20年間で
10倍以上に増えていて、
14歳以下の4人に1人がスギ花粉を発症しています。

その原因は、70年前に国策として大量に植えられたスギの樹林。

そのスギが育ち、活動の最盛期を迎えているため
花粉の量が増加しているのです。

幼い頃から大量のスギ花粉を吸い続けた結果、
花粉症を低年齢で発症する人が増えていると考えられています。

ここで問題。
帽子・めがね・マスクのほかにとるべき対策は?



正解は皮膚の保湿

冬は皮膚が乾燥するため、皮膚のバアリ機能が低下。
すると花粉が皮膚から侵入してきて、
目がかゆくななどの症状を引き起こしてしまいます。



花粉症新常識2017

今回教えてくれるのは耳鼻科のスペシャリスト
東京新宿メディカルセンター 石井正則先制。

【イライラしやすい人は、花粉症になりやすい】

いま花粉症ではない人でも、
イライラしやすい人は花粉症になる可能性があります。

イライラすると年齢に関係なく加齢臭が発生。

これによりハウスダストの原因であるダニが
体に集まってきます。

ハウスダストの抗体を持っている人の8割が、
スギ花粉症の抗体を持っていることがわかっています。

つまり、ハウスダストアレルギーの人は
花粉症になりやすいのです。

ストレスをためないことも
花粉症の1つの対策です。


【小さくなった花粉が原因で花粉症の重症患者が増加】

埼玉大学の王青躍準教授の研究によると
通常の花粉は髪の毛の3分の1ほどの大きさですが、
2月から増えるPM2.5の影響で花粉自体が
小さくなります。

PM2.5は工場などから排出される化学物質で
とても小さな物質。

PM2.5が花粉にくっつくと、花粉に傷がつき
破壊されてしまい、更に花粉が細かくなるのです。

花粉が小さくなると鼻の奧を通り抜けて
気管支や肺など奥深くに侵入。

症状が悪化してせきが止まらなくなることも
あります。

実際咳止めの薬を飲んでも治らなかった人か
花粉症の薬を飲むことで
せきがとまった人もいるそうです。

花粉症の人は、花粉予報だけでなく、
PM2.5予報もチェックすることが大切。

PM2.5が多くなる日はマスクの選び方にも
注意が必要。

ウイルス対策などとと書かれた
目が細かいものを使うのがおすすめ。

スポンサードリンク

ダイエットの効果もあると
「林先生が驚く初耳学!」で放送されたマスク。
(少々高いですが…)




花粉症対策に点鼻薬を使ったりしますが
使い過ぎには注意。

市販の点鼻薬の多くには血管収縮剤が入っており、
血管を縮めることで鼻づまりを一時的に抑えるが、
使いすぎると腫れ上がるリバウンド現象が起こる
可能性があるため。



花粉症対策

石井先生による花粉が飛び始める前から
やったほうがいい2つの対策。

①花粉が飛ぶ前から、花粉症の薬を飲み始める

花粉が飛ぶ前か飲み始めると
期間が短く症状が軽いという
研究結果が出ているそうです。

毎年バレンタインデーのころに飛び始めるので、
その2週間前の1月末から飲むと良いそうです。

②花粉症の症状を抑える食材を摂取すること。

花粉症の症状を抑えるイチオシの野菜がレンコン。

花粉が体内に入るとIgEという抗体ができます。
IgEの量が多いほど鼻詰りなどの症状が悪化します。

つまり花粉症を予防するためには
IgEができないようにすればいいのです。

そこでおすすめなのがレンコン。

レンコンに含まれるポリフェノールには
IgEを抑制する働きがあることが
和合治久教授の研究により明らかになりました。

更にレンコンは乳酸菌と共に摂取すると
高い効果が期待できます。

そこで今回おすすめするのが、
レンコン入り甘酒。

レンコンのポリフェノールは皮に多く含まれているので、
皮ごとすりおろし、甘酒に混ぜて飲むと良い。

さらにレンコンには「ムチン」という成分も含まれていて、
ムチンの効果で粘膜のバリア機能が高まり、
花粉の侵入を防ぐ効果も期待できます。


先生おススメ!鼻づまり解消法

1.手をダラっとさせ、
うつむいて椅子に座ります。

2.後頭部の出っぱりから指4本分下、
生え際あたりを2分間強めに挟みこみます。

つまんだ所に、鼻につながる交感神経があり、
そこを刺激する事により、鼻の中のうっ血した粘膜が
締まり、鼻の通りがよくなるのです。

この方法は大人向けです。

お子様の場合は、同じく生え際のあたりに、
41度くらいのシャワーを2分間当てると、
効果が期待できます。



この日の世界一受けたい授業の記事↓
【世界一受けたい授業】三ツ星岸田周三シェフの絶品フレンチレシピ!

スポンサードリンク

コメントを残す

Print This Post Print This Post
サブコンテンツ

このページの先頭へ