【林先生の初耳学】実演販売士レジェンド松下のプレゼン術!仕事や面接に役立つ

先生
2017年1月29日放送の「林先生が驚く初耳学!」

実演販売士のレジェンド松下さんが、
仕事や面接に役立つプレゼン術をテレビ初公開!

スポンサードリンク

実演販売士レジェンド松下さん

実演販売士レジェンド松下さん

・実演販売歴15年
・取り扱った商品1万点以上
・たった1日で1億8000万円を販売したこともある

レジェンド松下がホントに使える キッチン・掃除グッズを50個、集めました!― 一日1億円売った、若手ナンバーワン実演販売士

そんなレジェンド松下さんがスタジオに登場。

普通に売れる商品は実演販売する必要がない。
喋ることで売れるものしか扱わないといいます。

林先生も「われわれ予備校講師は
実演販売士に学ぶべきことがたくさんある。」
と語ります。

プレゼン術のポイント

プレゼン術のポイントのポイントは2つ

【①比較が上手】

2つのワードで簡単に比較できるようになるといいます。

総売り上げ20億以上の皮むき器
プロピーラーの実演販売でチェック。

実演販売のようす↓

今回紹介するのはプロフィーラーと
いう皮むき器なんですけど、

皆さんの家にも皮むき器ありますよね?
“普通”によくむけるんですけど、
実はちょっと見てください。
音聞いてください。

(一般的な皮むき器で皮をむく)。

みなさんのはこういうのではないですか?

ザクザクザクといってますね。

これは包丁みたいに切っているんじゃなくて
実はひっかいているだけ。

“一般的”な皮むき器と何が違うのか。

(プロフィーラーでジャガイモをむく)
切った切り口があきらかに違うのがわかると思います。

やるとわかるんですけど”普通”の皮むき器と違って
抵抗がほとんどありません。



続きますが省略します。

林先生が解説。

プレゼン術「比較」
普通や一般的と比較をするから特殊が引き立つ。

プレゼン術「共感の喚起」
「~~ではないですか?」とわざわざ言うことで
相手を引き込む。

一般的なモノを打ち消す
→(すすめる)商品の特殊性を強調
→擬音のリズムで一気に説得させる

「営業妨害ですね」とレジェンド松下さん

プレゼンや面接で、伝えたいことだけを強調して
相手に伝わらないことは多々ありますね。

そういうときは比較を効果的に使うことが大切。
いきなり商品の説明をするのではなく
一般的な皮むき器の刃って…と
一般的な皮むき器の説明のあとに
商品の性能をプレゼンした方がより伝わるのです。

スポンサードリンク

半年で2億7000万円売り上げた
スーパーストーンバリア包丁の実演販売でも

一般的な包丁って…と一般的な包丁の説明の後
売りたい商品の性能を説明。

また、硬いアボカドの種を切ることで驚きが増し、
説得力のあるプレゼンに。

自分の主張と相手が共感できる
一般的な意見を比較させることで
グッと伝わりやすくなるのです。。

ちなみにふだん切る必要のない
アボガドの種を切ることも
「類推」というプレゼン術の1つ。

硬いアボガドの種が切れるのだから、
これ以外の食材は何でも切れるにちがいないと相手に類推

つまり想像させることで
より魅力を引き出す効果をねらっているのです。


【②プレゼンの極意は雅楽】

日本の伝統音楽「雅楽」

「序破急」のテンポを使っている。
「序破急」とはが雅楽の概念を基にした
物語の三部構成のこと。

序はゆっくりとした丁寧なテンポで話す。
(お客さんは少し離れたところで見ていたりする)
これで信頼を作っている。
お客さんを引きつけるために使う。

(お客さんが近づいてきたら)
次の破はテンポをあげプレゼン。

そしてそこからさらにテンポアップし「急」で
畳み掛けるようにプレゼンするとのこと。

告白でもこのパターンを使うと良いとのことです。



スポンサードリンク

コメントを残す

Print This Post Print This Post
サブコンテンツ

このページの先頭へ