【この差って何ですか?】インフルエンザにかかりやすい人!正しい舌磨きの方法

口・歯・口臭

2017年1月24日放送の「この差って何ですか?」の中の

「インフルエンザ」に「かかりやすい人」と
「かかりにくい人」の差

スポンサードリンク

「インフルエンザ」に「かかりやすい人」と「かかりにくい人」の差

1月中頃から急激に増え始め
2月にピークを迎えるといわれる
インフルエンザの流行
毎年その患者数は推定1000万人、
日本人の約10人に1人が
インフルエンザにかかるといわれています

「インフルエンザ」に
「かかりやすい人」と「かかりにくい人」の
差はなんなのでしょうか?

東京歯科大学 奥田克爾教授によると

この差は
(1)口の中を清潔にしていない人
(2)鼻をほじる人



①口の中を清潔にしていない人

①口の中を清潔にしていない人

インフルエンザが感染する仕組み
インフルエンザにかかっている人が
咳やくしゃみをすると
飛散したウイルスが、口・鼻から入り込み、
上気道の粘膜に付着する。

口の中に細菌がたくさんあると、
インフルエンザが入り込むのを手助けしてしまい
気道の粘膜の中に入り、
インフルエンザ発症してしまう。

つまり、口のなかの細菌が少なければ、
ウイルスが粘膜から入り込むことがなくなり
感染が少なくなる。

スポンサードリンク

口の中を清潔にするためには、
歯磨きやうがいも重要ですが、
口の中の細菌は「歯」に25%
「歯以外」に75%いるため
歯磨きだけでは
十分に菌を減らすことができない。

そこで「舌磨き」もあわせてやることを
オススメ。


正しい舌磨きの方法

【舌を傷つけない「正しい磨き方」】

教えてくださるのは
佐藤歯科医院の佐藤二三江先生。

歯ブラシでは絶対に「舌」を磨かないこと。
舌には味を感じる細胞である「味蕾(みらい)」が
あるのですが、歯ブラシでやると味蕾が傷つき、
味を感じられなくなるおそれがあるため。

1.指にガーゼを巻く

2.表面は奥から前に磨く

3.側面・裏面も磨く

4.歯茎や頬の裏も磨く

5.舌の奥まで磨く

最後にマウスウォッシュなど
口の中を殺菌するものでうがいをするとよい。

※「オエッ」とならない方法としては、
ノドの「くぼんだ所」(鎖骨の間のくぼみ)を
グッと押しながら磨く

※「舌磨き専用ブラシ」でも
舌を傷つけずにキレイにできます



②鼻をほじる人

②鼻をほじる人

鼻をほじる人がかかりやすい理由

電車のつり革などに付着した
「インフルエンザウイルス」を掴んで、
その後、鼻をほじることで、
直接体内に取り込んでしまうため。


以上が「インフルエンザ」に「かかりやすい人」と
「かかりにくい人」の差でした。


この日放送の記事はこちら↓
【この差って何ですか?】生まれ順の差!スポーツ選手は末っ子が多い?中間子は?

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ