【主治医が見つかる診療所】南雲流肩甲骨ストレッチのやり方!体を柔らかくして若返る!

2017年1月30日放送の「主治医が見つかる診療所」で
「体を柔らかくして10歳若返る!腰痛&血流を改善」

今回は体を柔らかくして10歳若返る!

ここでは肩甲骨ストレッチの方法を紹介!

スポンサードリンク

体を柔らかくして若返る

実は、体の柔軟性は様々な病気やケガ、
さらには若々しさにも関係していることが
わかってきたのです。

そこで今回は「10歳若返るぞ!プロジェクト」第3弾!
体を柔らかくして若返る方法を紹介!

南雲吉則医師によると
体の裏側、特に肩甲骨周りの筋肉に注目しているそうです。

この肩甲骨は、多くの筋肉につながり、
様々な運動に重要な役割をしています。

そのため肩甲骨周りが柔軟になると
姿勢改善、呼吸改善、代謝アップと
若返りにつながるといいます。

肩甲骨の柔らかさチェック

ここで、ゲスト出演者が
背中で握手できるかを確かめる方法で
肩甲骨周りの硬さをチェック。

【背中で握手】

両腕を背中の上下からまわし、
手と手がつなげるかどうか確認!

つなげなかった場合は、
何cm届いていないか測定)

手が届けば合格

手が届かない
5cm以上:イエローカード
(肩甲骨周りが硬くなり始めている)

スポンサードリンク

10cm以上:レッドカード
(肩甲骨周りがすでに硬くなっている)
※南雲医師の見解による

ゲストの人はみんな5cm以上のイエローカードでした…。



ストレッチの方法

【肩甲骨周りのストレッチのやり方】

用意するもの:ハンドタオル(ストッキング・・バスタオル・ハンカチなどでも可)

1.タオルを胸の前で持つ(バスタオルを長めに持ってもOK)

2.両手を離さずに頭をくぐらせる

3.背中を洗うようにタオルを上下に引く

4.左右をかえて10回ずつ行う

南雲先生によると
朝やるとよいそうです。



【拝みストレッチのやり方】

1.胸の前で手のひらを合わせる

2.ゆっくり腕を上げていく

3.左右のヒジをつける

4.手首が目の高さより上に来たらヒジをつけたまま、手を開く

※1日5回程度行うと良い

南雲式のストレッチを行った
ゲスト出演者が、再び背中で握手できるかを
確かめると両手がつくようになったり
距離が縮まったりしていたのでした。

ストレッチを毎日の習慣にするのがよいそうです。



腰痛はこちら↓
【主治医が見つかる診療所】腰痛にジャックナイフストレッチ!ハムストリングスを柔らかく

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ