【あさイチ】カキのうまみ最強鍋の作り方!by橋本幹造

キムチ鍋

2017年1月31日放送のNHK「あさイチ」の「スゴ技Q」は
「これから食べ頃!カキ料理決定版!」

ここでは具の組み合わせが最高に相性のいい
カキと豚肉と干しシイタケのうまみ最強鍋のレシピを紹介!

スポンサードリンク

うまみを倍増させるカキ鍋の具材

カキの代表的な料理といえば「カキ鍋」。

ある研究所がさまざまなカキとの相性を
調べたところ、うまみを倍増させる
最強の組み合わせが見つかりました。

1つ目は「カキ・豚肉・干ししいたけ」
2つ目は「カキ・トマト・昆布」
3つ目は「カキ・白菜・緑茶」。

実際にうまみを数値化できる装置を使って測定すると、
「カキ・豚肉・干ししいたけ」の鍋が、
カキ単独に比べて2.35倍、
うまみが増えていることがわかったのです。

・カキのみ→100

・カキ・豚肉・干しシイタケ→235%

・カキ・トマト・昆布→101%

・カキ・白菜・緑茶→162%

その秘密はうまみの相乗効果。

カキの「グルタミン酸」
豚肉の「イノシン酸」
干ししいたけの「グアニル酸」

この基本的な3つのうまみ成分が入っていたのです。

ほかの2つの鍋は「グルタミン酸」のみの
組み合わせでした。

そこで日本料理店店主橋本幹造さんが、
「カキ・豚肉・干ししいたけ」の
最強鍋のレシピを教えてくれました。



スポンサードリンク



カキと豚肉と干しシイタケのうまみ最強鍋のレシピ


【カキと豚肉と干しシイタケのうまみ最強鍋のレシピ】

『カキと豚肉と干しシイタケのうまみ最強鍋の材料』(作りやすい分量)
カキのむき身→250g

豚バラ肉(薄切り)→150g

干ししいたけ→8枚

水→1ℓ

酒→100ml

みりん→100ml

うす口しょうゆ→100ml

白菜→350g

春菊→60g

『カキと豚肉と干しシイタケのうまみ最強鍋の作り方』

1.水1ℓに
干ししいたけを入れ、1晩置く。

2.カキは、沸騰した湯(分量外)に入れ、
軽く下ゆでする。
3.土鍋に干ししいたけの戻し汁1ℓ、水→300ml、
酒、みりん、うす口しょう油、戻した干ししいたけ、
細切りにした白菜を入れ沸騰させない程度の火で
15分ほど煮る。

※沸騰させるとあくが出るので注意。

4.豚バラ肉、下ゆでしたカキ、
春菊を入れて5分ほど煮る。

カキと豚肉と干しシイタケのうまみ最強鍋のできあがり!


まとめ

この日のカキレシピ↓
【あさイチ】おいしいカキグラタンの作り方!臭みをとる方法

【あさイチ】おいしいカキフライの作り方!縮まない洗い方のコツ

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ