【家庭の医学】即効性のあるツボ!冷え症・便秘・肩こり

腰痛

2017年1月31日放送の「たけしの健康エンターテインメント!
みんなの家庭の医学」で「名医が教える”漢方”SP 」

ここでは冷え症・便秘・肩こりに
即効性のあるツボを紹介!

ツボとは

ツボは1970年代から研究が盛んになり、
最新研究ではあるツボを刺激させると
脳内伝達物質が分泌され痛みを和らげたり、
免疫細胞を活性化させるという報告があり
予防医学としても注目されています。

WHO世界保健機関認定のツボは
体に361個あるとのこと。

ほとんどのツボが左右対称にあり
合わせると約670個もあるといいます。

正確なツボの位置を確認する方法は、
周りより硬い、押すと痛む、しこりがある、
汗ばんでいる、毛穴がザラザラ、
などの特徴があります。

地肌に触れ
確認することをお勧めします。

ツボを押して痛いのは、
血の流れが悪かったり、
血がドロドロしている証拠。

押して周りよりかたく感じる、
痛む、しこりがあるというときは
少し痛む程度に押して刺激。

柔らか、へこむ、汗ばんでいる、
毛穴がザラザラしている場合は
優しく触れ、指の温度をツボに伝えるような
イメージで押します。

一日何度押してもOKで
1回10秒を目安に実践するとよい。


肩こりに効く即効性のあるツボ

肩こりに効く即効性のあるツボには、
肩井と風池があります。

肩井は首を前に曲げた時、骨のでっぱりと
肩甲骨の端を線で結んだ間にあります。
風池は後頭部の骨のくぼみにあります。

肩井を刺激すると血流が集まり、自然治癒力が高まり、
肩こり改善につながります。

風池は眼精疲労や目の疲れから来る肩こりに
有効といわれています。



冷え症に効くツボ

三陰交と太衝というツボです。

三陰交は内くるぶしから指4本上にあります。

“血”に関係していて
生理痛や生理不順などにも有効。

かっさでマッサージ

太衝は足の親指と人差し指の骨がぶつかる部分。

太衝はストレスなどが原因で
冷え性になっている人に有効です。

便秘に効くツボ

足三里と合谷です。

足三里は膝のお皿の外側にのくぼみから
指4本分下のとこにあり
足のすねの骨の外側に位置しています。

足三里は副交感神経が優位になって
消化器系の働きが活発になります

松尾芭蕉が疲れた時、足三里にお灸をすえていた
といいます。

合谷は手の親指と人差し指の骨がぶつかる所。
肩こりや歯の痛みや顔面の痛みにも
いいといわれているツボです。


まとめ

この日のみんなの家庭の医学の記事↓
【家庭の医学】漢方の葛根湯などの成分や効果的な飲み方や疑問

【家庭の医学】肩こりをツボやお灸で改善!

【家庭の医学】冷え症に良い漢方薬!舌でわかる体質

【家庭の医学】頑固な便秘も漢方薬で改善!便秘薬と併用

スポンサードリンク

コメントを残す

Print This Post Print This Post
サブコンテンツ

このページの先頭へ