【ソレダメ】名店が教える絶品鍋!じゃばらねぎのつくね鍋のレシピ!byみちば和食”たて野”

寄せ鍋

2017年2月1日放送の「ソレダメ」の
「名店が教える絶品!鍋料理の新常識」

ここではみちば和食たて野の
じゃばらねぎのつくね鍋のレシピを紹介!

スポンサードリンク

名店が教える!簡単!激ウマ鍋の作り方

みちば和食たて野の料理長館野雄二
和の鉄人、道場六三郎の門下生。

ねぎのうま味を最大限に引き出す
切り方があるといいます。

それはじゃばらねぎ。

そしてじゃばらねぎのうまみが
最もわかりやすいのが鶏つくね鍋。

【じゃばらねぎのつくね鍋のレシピ】

じゃばら切りとは、酢の物やきゅうりなどに
切れ目を入れる飾り包丁の一種で
味を染み込みやすくするための手段。

スポンサードリンク

じゃばら切りをねぎに応用すれば
ソフトな口当たりで最高の脇役になる。

ネギは1本使います。

【じゃばらねぎの切り方】
1.ねぎに対して横向きに包丁を入れ、
ねぎの真ん中で刃を止める。

※家庭で切る場合は割り箸を下に置いて切ると
ストッパーになり簡単にできる

2.1㎜間隔程度に切る

3.切れ目を入れたら1口大にカット。

4.葉の青い部分は小口切りにして鍋に散らす。

5.葉に近い部分はみじん切りにして
つくねに混ぜ込む。

『じゃばらねぎのつくね鍋の作り方』

1.鶏ひき肉、ネギなどを入れて
鶏つくねをつくる

2.だしを入れた鍋につくねを入れる。、

3.ごぼう、ニンジンをピーラーでささがきにして加え、
しいたけを加える。

4.最後にじゃばらねぎを加える。

つくねに火が通ればできあがり!



そのほかの名店の絶品鍋のレシピはこちら↓
【ソレダメ】名店の絶品鍋のレシピ!豆乳の湯豆腐&締めに鍋茶碗蒸しほか

スポンサードリンク

コメントを残す

Print This Post Print This Post
サブコンテンツ

このページの先頭へ