【家庭の医学】漢方の葛根湯などの成分や効果的な飲み方や疑問

漢方薬

2017年1月31日放送の「たけしの健康エンターテインメント!
みんなの家庭の医学」で「名医が教える”漢方”SP 」

ここでは漢方の歴史や成分、効果的な飲み方や
さまざまな疑問について紹介!

スポンサードリンク

最近注目されている漢方

近年、医学界で特に注目されているのが
不調改善法の漢方。

大学病院の漢方外来数は、
15年前の19から79まで急進しているそうです。

今、漢方治療は実際の医療の現場で
西洋医学と融合し、広く使われ始めています。

2015年12月には科学的根拠にもとづいた
漢方薬の効能のガイドラインが作成され、
高齢者の様々な病への漢方薬の有効性が
世界で初めて明らかにされました。

漢方の歴史

日本東洋医学会理事で
千葉大学和漢診療科診療教授の並木隆雄先生が
漢方の歴史について解説。

漢方は5~6世紀ごろ、仏教伝来と共に
中国から伝わったと言われています。

日本の風土に合わせて、
日本独自の医療として発達しました。

現在に近い形で確率したのは江戸時代で、
徳川家康も漢方マニアだった。

漢方は漢方薬だけでなく、ハリ・灸・あんまも
全て含んでいます。

ガイドラインでは、認知症・脳卒中・肺疾患等の
症状緩和の効果が認められています。

千葉大学和漢診療科でも、
がんの症状緩和や副作用の軽減を目指した
治療を行っているそうです。

漢方が高い効果を発揮するのが、
原因のよくわからない未病と呼ばれるもの。

身体の状態を改善することで、
不調の出ない身体に作り変えます。

西洋医学では、病気の原因を見つけて
ピンポイントで攻撃します。。

これに対し、漢方はその人の体質を診て
その体質を改善します。

漢方では、その人の体質を見極めることが重要。



漢方の成分

通常の薬は成分は1種類で、
病にピンポイントで効くように作られています。

一方、漢方薬は複数の生薬でできていて、
複数の症状を改善することができます

通常の薬と漢方薬を併用することで、
大きな効果を得ることが期待できます。

よく知られている葛根湯にも
複数の効能があります。

【ツムラの葛根湯】

葛根湯は7つの生薬が含まれています
・大棗(たいそう)

・葛根 (かっこん)
解熱作用がある

・桂枝 (けいし)

・甘草 (かんぞう)

・芍薬 (しゃくやく)
筋肉弛緩作用、リラックスさせる作用がある

・麻黄 (まおう)

・生姜 (しょうきょう)

風邪の初期症状の以外にもにも、
肩こり・頭痛・筋肉痛
・手や肩の痛みなどにも効果があります。

・漢方の薬は何種類あるのか?

スポンサードリンク

厚生労働省が基準を定めている
全漢方薬の種類は294種類。

漢方薬は3種類のタイプに
分けられます。

球状に丸めた「丸」
煎じて液状で飲む「湯」
粉状の「散」

一部の漢方を紹介
・人参養栄湯(にんじんようえいとう)
栄養の吸収を促し体力不足を補う

・女神散 (にょしんさん)
血行を抑止更年期障害などを改善

・桂枝 (けいし)
身体を温める作用

・麻黄 (まおう)
発汗を促し咳を鎮める働き

・五虎湯 (ごこうとう)
咳を伴う風邪に効果的

漢方薬の代表的な生薬を紹介。
芍薬(根)は筋肉を弛緩させ、痛みを緩和する。

山薬(山芋)には滋養強壮作用がある。

蘇葉には発汗・解熱・鎮咳作用がある。

竜骨とは、マンモスやゾウ・サイ等の化石化した骨で、
精神を安定させる作用がある。

蘇葉、陳皮、山椒、薄荷は
気を動かす(ストレスをおさえる)作用がある

生薬には大きく分けて3種類あります。
植物由来のもの
動物由来のもの
鉱物由来のもの

最も多いのは植物由来のものです。

昔は生薬を特殊な道具を使って磨り
潰して薬ごとに決められた割合で調合。
それを患者自身がお湯に溶かし飲まれていました。

今はエキス製剤といい、生薬の成分を凝縮させ
顆粒や錠剤にしたものを服用するのが一般的。
薬局で簡単に手に入れることができます。



漢方についてのの疑問

【漢方薬の理想的な飲み方は?】
・ぬるま湯で飲むこと。
お湯の方が吸収が良く効果的だといいます。

・空腹時に飲む。
漢方薬は自然由来の生薬であるため、
食べ物と影響し合い効果が下がる可能性があるため。

一緒に飲んではいけない生薬もあり
効果が逆の漢方薬、
(例えば身体を冷やす薬とあたためる薬)を
併せて飲むと効果が相殺されて
効かなくなる恐れがあります。

【漢方薬は体に優しい?】
通常の薬は薬効成分が濃縮されているため
効き目が強いので副作用の恐れがあるが、
漢方薬は自然由来の生薬が原料であるため
比較的身体に優しい。

しかし漢方薬でも副作用が出る場合があるため、
医師の指示通りに飲むことが大切。


【漢方に即効性はない?】

速効性のある漢方薬もあります。
芍薬甘草湯などは
足がつった時飲むと数分程度効く。

【】漢方を購入するときはどこで購入するのがいいか?
漢方認定薬剤師がいる薬局で買うのがよりいい。
漢方認定薬剤師とは漢方の知識を持つと認められた薬剤師。
その人の体質にあった漢方薬を出してくれます。

最低1ヶ月は飲み続けて効果を見ることが大切。
1ヶ月飲んで少しでも効果があれば
体質に合っている漢方といえます。

全く効果を感じられなければ
体質にあっていない可能性がありますので、
専門に相談することをお勧めします。


この日のみんなの家庭の医学の記事↓
【家庭の医学】即効性のあるツボ!冷え症・便秘・肩こり

【家庭の医学】肩こりをツボやお灸で改善!

【家庭の医学】冷え症に良い漢方薬!舌でわかる体質

【家庭の医学】頑固な便秘も漢方薬で改善!便秘薬と併用

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ