【得する人損する人】小崎陽一シェフのイタリアンとんこつ鍋のレシピ!鍋-1グランプリ2017

得損鍋1グランプリ

2017年2月2日放送の「あのニュースで得する人損する人」は
「得損 鍋-1グランプリ2017 」

4人の料理人が鍋をつくり、
この冬1番のおすすめの鍋を決定!

ここでは小「クッチーナジャンニ」崎陽一シェフの
イタリアンとんこつ鍋レシピ&
シメのヘルシー玄米リゾットのレシピを紹介!

スポンサードリンク

得損 鍋-1グランプリ2017

寒い時期に食べたくなるのがお鍋。

今回は、数ある美味しいお鍋レシピの中から、
得損がこの冬1番の鍋を決める
“得損鍋-1グランプリ2017”を開催!

♪————————-♪
得損鍋-1グランプリのルール

市販の鍋つゆとスーパーの食材を使用。
1st stageアレンジ鍋
2nd stageシメ

材料費は4人前2000円以内(鍋つゆ込み)

主婦30人が味と調理の手軽さで審査。

味”と“調理の手軽さ”で30人の主婦が採点します。

♪————————-♪

対戦するのは4人。
サイゲン大介こと、うしろシティ・阿諏訪泰義さん

イタリアンの若手ホープの「クッチーナジャンニ」小崎陽一さん

グルメで名高いアンジャッシュ渡部さんに認められた
一番弟子の料理得意芸人いけだてつやさん

ミシュラン2つ星を獲得した「西麻布 き久ち」の菊池隆さん

小崎陽一シェフのイタリアンとんこつ鍋レシピ

【イタリアンとんこつ鍋レシピ】

・とんこつ鍋つゆにレモン汁を加えてさっぱりせる

・豚つくねに塩こうじを入れ時短で熟成された旨味ををプラス

得損鍋1グランプリ
【真ん中がイタリアンとんこつ鍋】

『材料』 (4人分)
とんこつ鍋つゆの素→ 1袋

レモン→ 2個

あさり→ 250g

鶏モモ肉→ 1枚

ズッキーニ→ 1本(乱切り)

赤パプリカ→ 1/2個(乱切り)

エリンギ→ 2本(乱切り)

トマト→ 1個(8等分くし切り)

オリーブオイル→ 適量

(豚つくね)
豚ひき肉→ 200g

ソーセージ→ 2本

ピザ用チーズ→ 20g

塩こうじ→ 4g

牛脂→ 1かけ


スポンサードリンク



『作り方』
1. レモンの皮を1/2個ほど薄くむいておく

2. 土鍋にとんこつスープを入れ、
半分に切ったレモンを搾り、レモン汁を入れる。
そこにあさりを入れてフタをして煮る。
あさりの口が開いたら、鍋から取り出しておく

※魚介のうま味を入れ味に立体感をだす

※豚のしつこさをレモンでさっぱりさせ
とんこつのうま味を強調

3. レモンの皮をみじん切りにする
(白い部分はなるべく落とす)

豚ひき肉に、レモンの皮、
細かく切ったソーセージ、ピザ用チーズ、
塩こうじ、刻んだ牛脂を入れ、
軽く練り4等分に丸めて、豚つくねを作る

※サルシッチャ風の豚つくねに

4. 鶏モモ肉は8等分、ズッキーニ、赤パプリカ、エリンギ、
トマトは大きめのひと口サイズに切り、
レモンは薄い輪切りに切る

5. スープに水200mlを足し、豚つくね、鶏モモ肉、
ズッキーニ、赤パプリカ、エリンギを入れ、
ブラックペッパーを振って、フタをして7~8分煮る

6. 最後に、トマト、あさりを入れ、
輪切りのレモンを上に並べて1分程煮る

7. 仕上げにオリーブオイルをかけてできあがり!



シメのレシピ

【ヘルシー玄米リゾットのレシピ】

玄米とレタスでシャキシャキリゾット

『材料』
残ったスープ→ 約2カップ

玄米(レトルトパック)→ 320g(2パック)

レタス→ 1/2個(1.5cm角切り)

ピザ用チーズ→ 20g

黒コショウ→ 適量

『作り方』
1. 鍋にレトルトパックの玄米をそのまま入れ、
1.5cm角に切ったレタスを入れて軽く煮る
※玄米を使い、プチプチ食感のアルデンテに。

2. ピザ用チーズ、黒こしょうで味を整え、
最後にオリーブオイルをかけてできあがり!


結果

菊池隆シェフのレシピ
味144点+調理の手軽さ140点=合計284点

いけだてつやさんのレシピ
味111点+調理の手軽さ136点=合計247点

小崎陽一シェフのレシピ
味130点+調理の手軽さ125点=合計255点

サイゲン大介のレシピ
味143点+調理の手軽さ137点=合計280点

結果は菊池隆シェフの勝利!


まとめ

鍋-1グランプリ2017のレシピ↓
【得する人損する人】いけだてつやの豆乳変化鍋のレシピ!鍋-1グランプリ2017

【得する人損する人】菊池隆シェフの雪解けふわふわ鍋のレシピ!鍋-1グランプリ2017

【得する人損する人】小崎陽一シェフのイタリアンとんこつ鍋のレシピ!鍋-1グランプリ2017

【得する人損する人】サイゲン大介の濃厚海老のビスク鍋のレシピ!鍋-1グランプリ2017

スポンサードリンク

コメントを残す

Print This Post Print This Post
サブコンテンツ

このページの先頭へ