ベリー類がダイエットに効果!とくにマキベリー【バイキング】

ベリー類

2016年1月14日放送の『バイキングのひるたつ』でダイエットに効果があるとわかったベリー」が紹介されました。

ブルーベリー、ラズベリー、ストロベリーなど。
ビタミン類が豊富でからだによいといわれるこれらのベリー類。

ベリーのすごさはこれだけではなかったんです。

ハーバード大学での最新研究で、24年間13万人の食生活について調べた結果、ベリー類がダイエットに最も効果があることが明らかとなったのです。

今回はベリーのダイエット効果を大森真帆麻布十番クリニック 大森真帆先生が徹底解明します。

ベリー類にはダイエット効果

バイキングひるたつで紹介されたベリーは7種類。

ダイエット効果のベリー類

・アロニアベリー
・カシス
・クランベリー
・ストロベリー
・ブルーベリー
・マキベリー
・ラズベリー

一口にべリ-といっても効能は様々。
けれどもこれら7種類全てのベリーに「ダイエット効果」があるとのこと。

なぜかというとベリーにはポリフェノールが含まれており、これが脂肪を燃焼させるからです。

脂肪を溜め込む白色脂肪細胞をポリフェノールによって、脂肪を燃焼させることが可能なベージュ脂肪細胞に変化させることができるのです。

白色脂肪細胞+ポリフェノール→ベージュ脂肪細胞

【マキベリーが特にダイエットに効果】 
ベリーの中でもマキベリーが突出してポリフェノールの含有量があり、最もダイエットに効果があるとのこと。

100g中7500mgもポリフェノールが含まれています。(ブルーベリーの約14倍)。
とり過ぎて健康被害を受けることはまずないそうです。

 
マキベリー
・原産国は南米のチリ
・血液をサラサラする食材
・ポリフェノールが豊富

マキベリーは酸味があり、粉末状のままだと食べづらいので、ヨーグルトやアイスにかけて食べるのがおすすめです。



ベリー類のダイエット以外の様々な効果

ベリーには、ダイエット以外にも様々な効果があります。

スポンサードリンク

【カシスでシミ改善】
シミにはビタミンCがいいのですが、カシスはビタミンC含有量が豊富
カシスはレモンの倍のビタミンCが含まれています。

ビタミンCはメラニン色素の生成を抑制したり、すでにできてしまったシミを薄くするような効果もあります。

カシスというとカシスオレンジとかカシスソーダなど、お酒を思い浮かべる方が多いですが、
カシス+アルコール→効果なし

逆にシミを悪化させてしまいます。

カシスはメラニン色素を抑制

アルコールはメラニン色素を促進
→打ち消しあう

さらに、カシスのリキュールには砂糖がたくさん含まれていて、砂糖はシミの原因になるので、アルコール以外でカシスを摂ったほうがよいのです。



【アロニアベリーで便秘解消】

アロニアベリー
・原産国は北米やロシア
・日本でも東北地方で栽培されている
・食物繊維が豊富 
 

アロニアベリーは、「食物繊維がとても豊富」で便秘解消に効果的。

アロニアベリーの食物繊維はキャベツの3倍。

そのままでは渋みが強く食べづらいのでおすすめはスムージー!

『アロニアスムージーレシピ』
分量
・アロニアベリーの実→50g
・ヨーグルト→100g
・バナナ→ 2/3本

ヨーグルトは腸内環境を整える作用があるので、一緒に摂ることで便秘解消に相乗効果が期待できmす。


【クランベリーでむくみ改善】

クランベリーに含まれる「プロアントシアニジン」がむくみに効果がある。

プロアントシアニジンは体の中の淀んだ血液を排出してくれるためむくみに効果がある。

その他のフルーツに比べてプロアントシアニジンが豊富。

クランベリーにはカリウムも多く含まれており、塩分を排出し、利尿作用がある。

クランベリー
・原産国は北米
・体内の余分な塩分を排出する効果あり
・血液を良好にしむくみ改善


【ラズベリーで薄毛改善】

ラズベリーには、甘酸っぱい成分「ラズベリーケトン」という成分があり、これが毛母細胞を活性化させて薄毛を改善してくれるのです。

感想

マキベリーがダイエットに一番いいんですね。

マキベリーは粉末のものや
カプセルのものなどがあります。↓
★マキベリー

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ