【あさイチ】空き部屋や車を貸して、ペットや子供を預かって副収入!

お金の節約術
2017年2月1日放送のNHK「あさイチ」は
「貸してハッピーライフ」

空き部屋や車を貸したり、
ペットの預かりや子供を預かったり
することで副収入を得えられます。

スポンサードリンク

空き部屋を貸す

あまっている何かを貸して
ハッピーになっている人がたくさんいます。

横浜に住む中野さんは1階部分(約20畳)を
レンタルスペースとして昼間の間だけ
貸しているそうです。

7年前、親と一緒に住めるようにと立てた
二世帯住宅。
しかし、両親は元気なのでしばらく住む予定はなく
両親が住む1階部分をレンタルスペースに。

クリスマスシーズンの12月は、予約が多く、
1か月で12万円の収入があったとのこと。

子供連れでパーティー利用が多く、
目の前が公園なのも人気に理由。

予約や支払いなどは全て
専用のサイトで行ってます。
お値段は1時間1050円~4000円
1日だと5500円~2万円で貸し出し。
貸せる日にちを設定しておくと
使いたい人がネットで予約してきます。

中野さんが利用している部屋貸し仲介サイトは
・予約カレンダーの管理
・やりとりメール機能
・決済機能
・保険加入のアドバイス
などを利用することができます。

部屋を貸している間にずっといる必要はなく
買い物や子供と公園に行くなどができます。

空き部屋レンタルのリスク

けれども大変なこともあります。

まず気を遣うのはゴミ。
中野さんは利用者が持ち帰るルールにしています。、

お客さんに分かってもらうのが大変で、
中野さんはサイトの注意事項に書くのはもちろん
予約時のメールに書き、
さらに、当日ゲストが来た時にも
口頭で説明しています。

次に大変なのが掃除。
中野さんは、貸した後は
1時間~1時間半かけて掃除を行っています。

気になるセキュリティーに関しては、
中野さんは予約が確定した人にしか
住所を教えないことにしています。

また、仲介サイトに外観の写真はのせず、
家の前で借りる人を待つなどの
工夫をしているそうです。

自分の部屋を貸すには
賃貸の家の場合は大家さんの合意を
取る必要があります。

自分の家の場合は一般的に大丈夫ですが、
マンションの場合は管理規約次第となります。

自分の部屋をレンタル

また、自分が今住んでいる部屋を
日中ちょい貸しという方法もあります。

パーティー・撮影・会議などで利用され、
月に35万円をゲットした人もいます。

ただし、監視カメラ2台設置するなど
気をつけています。

築150年の古いおうちでも、
コスプレイヤーが訪れることで
月に25~30万円を手にしている人も
います。

車などを貸す

佐野さん夫婦の「貸してハッピー」を紹介。

スポンサードリンク

2人が貸しているのは高級車(オープンカーのベンツ)。

車を借りる方法は、専用サイトで
車を検索してオーナーに申し込むだけ。

借りる費用は保険料1500円と合わせ1万円。
1割は仲介サイトへ。

佐野さんはこの車を貸すことで
月に約4万円の収入を手にしています。

実は佐野さんは、最初は車を借りる側の
利用者だったのですが、
オーナーから維持できる費用が捻出できると聞いて
始めたという。

家計的にはマイナスになっていないとのこと。

車の貸出は、レンタカーではなく
共同使用契約となり、
貸す対価ではなく維持費・雑費に
お金を払うという考え方になります。

広がるちょい貸しを紹介。
着物は1着で月に平均4080円。
ブランドバッグは1個で月に最大2000円程になる。
ブランドバッグはクリーニングと
メンテナンスサービス付き。

貸すのは物だけではありません。

ペットの世話、子供を預かる

犬を世話する力を貸す

犬を世話する力を貸す方法もあります。

外出などやむを得ない事情が発生した飼い主に
提供するサービス。

石原さんはその犬にあったお世話ができるように
飼い主さんから才覚や注意点を
しっかり聞きだします。

石原さんが登録しているのは、
自宅で犬を預かる人と
飼い主を仲介するサイト。

犬のサイズや日にちなどを設定しておくと
ネットで依頼が入ります。

宿泊は1泊5千円。
ショートステイは2500円から。
ペットホテルよりは少し安めの価格。

また、飼育経験がないと預かれない。

石原さん一家は、以前パピーウォーカーを務めていて
犬には愛情が大切だと実感したとのこと。

今は犬を飼っていないのですが、
わんちゃんと触れ合える喜びがあり
予約が入るのを楽しみにしているそうです。

預かるほうのは家にスタッフが出向いて
預かる環境があるかも厳しくチェックされそうです。


子育ての労力の貸し借り

板橋区の長澤さんと田口さんは、
子育ての労力の貸し借りをしています。
田口さんは仕事の時に
保育園の一時保育を利用していますが、
急に仕事が入った時は
長澤さんに子供の預かりを
お願いしているとのこと。

2人が使っているのは
親同士が頼り合うサイト。

長澤さんらが利用するサイトの登録者は
全国に4万人以上います。

急用ができたりして
お迎えや預け先に困った時
サイト登録しているママが
一斉にヘルプメールを送り、
その中かr都合のつく人からo.kの
返事がきます。
後は待ち合わせなどを直接やり取り。
場合によってはお泊りも可能です。

多くの利用者が、
自分の子育てをしながら
人の子育てに少しずつ力を貸しています。

子供の遊び相手が来てくれることで
逆に楽だったりもするそうです。

このサイトでは、
知らない人の子供は預かりません。

親と子供が事前に知り合う
イベントを行っていて、
事前に知り合った人としか
やり取りをすることがないよう
仕組みを整えているそうです。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ