【その原因、Xにあり】物忘れの原因は隠れ貧血!鉄分をとるクラムチャウダーのレシピ

大麦の豆乳スープ

2017年2月3日放送の「その原因、Xにあり!」の
「認知症・老化ではない恐怖の物忘れ」

ここでは物忘れの原因は隠れ貧血!
鉄分を取るクラムチャウダーのレシピの紹介!

スポンサードリンク

物忘れ”の意外な原因は隠れ貧血

物忘れに悩んでいた40代の女性。

しかしある日、慢性的な頭痛にも
悩まされるようになりました。

また以前にもまして疲れやすくなり、
なんども風邪を引くようになり
ケガも増えたといいます。

しかし、人間ドックの結果が
良好だったことから単なる疲れだと
思っていました。

しかしその後、前日聞いていた夫の出張の話や、
仕事の約束などを忘れるようになったのです。

若年性アルツハイマーなどを疑った女性は、
脳神経外科で検査を行ったが、脳に異常はなく
若年性アルツハイマーではなかった。

しかし血液検査をしたところ、先生から
「物忘れの原因は貧血」と診断されたのです。

物忘れの原因である隠れ貧血。
鉄分不足と関係があります。

鉄は血液中で酸素と結びつき、
全身の細胞や臓器に酸素を供給する役割が
あります。

鉄不足になると脳に十分な酸素が運ばれず、
物忘れにつながるのです。

食べ物で身体に摂取された「鉄」の行き先は2つ。
身体中に酸素を運ぶ、血液の中の「ヘモグロビン」と
肝臓などにある「フェリチン」

しかし「フェリチン」は通常の血液検査で測らない
ので隠れ貧血であってもわからないのです。

隠れ貧血はどのようにして起こるのか

身体に入った鉄はまずヘモグロビンに入り込み、
残った鉄はフェリチンに蓄えられます。

ヘモグロビンの鉄は酸素と結びつき、
鉄と結びついた酸素は身体中に運ばれます。

ヘモグロビンの鉄が減ると
フェリチンから鉄が補給されるのですが、
フェリチンの鉄が減ってくると
ヘモグロビンに渡す鉄もセーブされ、
体内に届けられる酸素も減ってしまうのです。

酸素不足になった脳や内臓は
様々な不調を起こすことになります。

フェリチンの鉄が満タンの状態を100%としたときに、
80%を切ると、「隠れ貧血」。

30%程度まで減ると「貧血」と診断されますが、
そこまで鉄が減らないと、健康診断では「貧血」とは
診断されないのです。

ただ、病院で依頼すれば
血液検査でフェリチンを調べることが可能です。

では「貧血」は、どうすれば防げるのか?

それは鉄分をとること。
食べ物などで摂取できます。

ちなみに先ほどの物忘れに悩んでいた女性は
鉄を含んだ食事と鉄分の入ってるサプリメントで
体調は回復したそうです。

鉄のサプリメントはこのようなものでしょうか?



貧血予防にクラムチャウダー

番組では隠れ貧血を予防する、
鉄摂取にオススメの「最強アサリ料理」を紹介。

「アサリ」は、鉄を豊富に含む食材。

さらに、その鉄の吸収をUPさせる
良質なタンパク質を含む「牛乳」。

この2つの食材ができるメニューが、
「最強クラムチャウダー」。

今回使用するのは、アサリの「水煮缶」。

実はアサリの水煮缶は100gあたりの鉄量が、
一般的に「鉄が多い」と知られているレバーや
ほうれん草よりも多い。

水煮缶には身がぎっしり入っていて、
一度に大量の鉄を摂ることができます。

また、買い置きが出来るうえ、値段も生より安い。


スポンサードリンク



隠れ貧血を予防!“最強クラムチャウダー”のレシピ

【“最強クラムチャウダー”の作り方】

『材料』
バター→15g

にんにく→1片

じゃがいも→1個

人参→1/2個

玉ねぎ→1/2個

ベーコン→2枚

小麦粉→大さじ2

牛乳→400ml

スープの素→小さじ2

『作り方』
1.バターとぶつ切りにしたにんにくを熱し、
香りがついたら適当な大きさに切った
じゃがいも、人参、玉ねぎとベーコンを炒め、
小麦粉、牛乳、スープの素で味を調える。

2.水煮缶に使われていたアサリの汁を
スープに加える。

※アサリの汁には身体に酸素を運ぶヘモグロビンの生成を助ける、
ビタミンB12が豊富に溶け込んでいるので、捨てずに使います。

3.アサリは固くならないよう最後に加える、

4.最後にその枝豆を入れて「最強クラムチャウダー」のできあがり!

※枝豆は鉄の吸収をUPさせるビタミンC、
タンパク質が含まれているため、
クラムチャウダーとの相性は抜群!

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ