【サタデープラス】水島弘史の弱火料理のチャーハンのレシピ!紫吹淳の花嫁修業

レタスチャーハン

2017年2月4日放送の「サタデープラス」でサタプラ
は「紫吹淳の弱火料理人入門 第4弾」

元タカラヅカトップスターの紫吹淳が
弱火調理人水島弘史シェフから
料理を一から学びます。

サタプラでこれまで6種類の料理をマスターしました。


ローストビーフ
ぶり大根鶏のクリームシチュー
ハンバーグとトンカツ肉じゃが

今回は焼き餃子とチャーハンの
作り方を教えていただきます。

ここではチャーハンの作り方を紹介!

スポンサードリンク

水島流チャーハンの作り方

『材料』

ご飯(炊いたもの) → 100g

サラダオイル →10g(小さじ2)

長ネギ →15g(大さじ1)

レタス→20g

卵 → 1個

塩  →1.4g

コショウ →ペッパーミル2回転

ごま油 →2g(小さじ2/5)

ハム(又は焼き豚)→30g

『作り方』
1.長ネギはみじん切りにし、
レタスを一口大に切る。

卵は溶いておき、
ハムは短冊切りにしておく。

2.ご飯を、ザルに入れて上から
大さじ3~4杯の水を回しかけてよくほぐし、
さらにサラダオイルをまわしかけて
箸でほぐしながら混ぜる。

余分な油は下に落とす。

※水で“粘りを洗いとり”
サラダオイルでほぐしたご飯を“コーティングする”

3.フライパンに油をひいて、全体に伸ばし、
溶き卵を入れた後、弱火にかける。

※油と溶き卵が入ってから火をつける

ゴムベラか、木べらで、半熟程度になるまで
ゆっくり混ぜる。(弱火で2分)

4.卵に半熟で火が通ったらご飯を入れ、
ほぐしながら上下を返しながら切りまぜ炒める。
(弱火で3分)

※フライパンを“振らず”に、
ゴムベラで切るように混ぜる

家庭の場合、強火だと底面だけが加熱され
焦げ付きの元となってしまう。

5.フライパン中央にスペースを作り、
そこに長ネギを入れさらに切り混ぜる。(弱火で2分)

※熱くなった“フライパンの底”で
ネギを炒めて香りを出す

6.塩とレタスとハムを加えて、
さらに切りまぜ炒める。(弱火で3分)

※ネギやハムは焦げやすいので最初に炒めない

スポンサードリンク

7.火加減を強めて加熱(強火で30秒)

8.コショウをして、フライパンの中央にスペースを作り、
ごま油を入れてさっと絡める。

9.盛り付けてできあがり!

※しょうゆは色が黒っぽくなり
塩気も強いので味付けに使わない




まとめ

この日の餃子のレシピ↓
【サタデープラス】水島弘史の弱火料理 焼き餃子のレシピ!紫吹淳の花嫁修業


これまでの水島弘史シェフの記事のレシピ↓

【サタデープラス】弱火調理人水島弘史シェフのローストビーフのレシピ!紫吹淳

【サタデープラス】弱火調理人水島弘史のぶり大根のレシピ!紫吹淳の婚活

【サタデープラス】弱火調理人水島弘史の鶏のクリームシチューのレシピ

【サタデープラス】弱火調理人水島弘史のハンバーグとトンカツのレシピ!紫吹淳が花嫁修業

【サタデープラス】弱火調理人水島弘史シェフの肉じゃがのレシピ!紫吹淳

【金スマ】水島弘史シェフのレタスチャーハンの弱火 低温調理法のレシピ!

【金スマ】水島弘史シェフのハンバーグの弱火調理のレシピ!

【金スマ】水島弘史シェフの餃子のレシピ!弱火の低温調理法

【金スマ】水島弘史シェフの野菜炒めのレシピ!弱火の低温調理法

【ソレダメ】水島弘史先生の低温加熱法!煮込まない「寄せ鍋」のレシピ

スポンサードリンク

コメントを残す

Print This Post Print This Post
サブコンテンツ

このページの先頭へ