【ソレダメ】落合務シェフのダマにならないカルボナーラのレシピ!

カルボナーラ

2016年2月27日放送の
「ヒルナンデス」の「ソレダメ!
~あなたの常識は非常識!?~ 」。

2017年2月4日に再放送されましたので
紹介します。

イタリアンの重鎮落合務行シェフが
秘伝のカルボナーラのレシピを紹介!

スポンサードリンク

落合務シェフの「カルボナーラ」調理法

カルボナーラを家庭で作る時は、
卵がダマになってしまったり、
汁気がなくなったりしがちですね。

日本一予約が取れないといわれる
イタリアンの名店
「ラ・ベットラ・ダ・オチアイ」
オーナーの落合務シェフが
ソレマルなカルボナーラの作り方を大公開。

【家庭で使えるカルボナーラのレシピ】

1.パンチェッタ(バラ肉)をオリーブオイルで
強火で炒める。

※ベーコンでもOK。

パンチェッタカリカリに炒めて脂を出すことで
おいしいソースができる

2.フライパンからパンチェッタを取り出す。

3.フライパンが冷めてから、水(25cc)を入れ
ゴムべラなどで焦げを溶かす。

※水を入れて焦げを溶かすことで凝縮された
美味しいソースができる。

※焦げを溶かしたら、一旦火を止め、
フライパンを冷ましておく

4.ボウルに卵(1人分は全卵1個と卵黄1個)と
すりおろしたパルメザンチーズ(大さじ2)を
黒胡椒を大量に入れる。

(パスタをゆでる)
5.大量の塩を入れたお湯でゆでる
(落合シェフは4ℓのお湯の中に60gの塩を入れていた)

スポンサードリンク

※こうしないとパスタに塩味がつかない

6.パスタを入れる。

7.先ほどのフライパンに
パスタのゆで汁を合わせる。

8.パスタを入れ、先ほどの卵を入れ絡める。

※火をつけていないフライパンの中で
絡めるので卵が固まらない。
9.弱火の火をつけて
ゆっくり混ぜながら火を通す。

10.お皿にパスタを盛り付け、
パンチェッタを乗せ、
パルメザンチーズをかけたらできあがり!

※落合流は生クリームを使わない
生クリームを入れると
卵の味が薄くなるため

実はカルボナーラは、
卵とチーズとコショウの味を楽しむ料理

本場イタリアでは生クリームは
使わないのだそうです。



落合務シェフの本



まとめ

坂井宏行シェフのレシピ↓
【ソレダメ】鉄人坂井宏行シェフの秘伝のロールキャベツのレシピ!

スポンサードリンク

コメントを残す

Print This Post Print This Post
サブコンテンツ

このページの先頭へ